ロード中...
現在地:  ホーム  >  スピリチュアル・レッスン  >  アセンション  >  閲覧中の記事
地球人のためのスピリチュアル・レッスン オープンクラス 2016年11月20日(日)

バシャール:2012アセンションメッセージ「輪ゴムのたとえ」

2010年6月13日  /  2コメント


みなさん、こんばんは!今日は先日の「バシャール 緊急・重大メッセージ」の続きとなる部分をアップします。題して「2012:アセンションメッセージ~輪ゴムのたとえ」です。

今私たち地球人がまさに置かれている状況を「輪ゴム」の引きにたとえて、ユーモアを交えて語ってくれているバシャール☆

以前アップしたビデオでも語ってくれてましたが、今この地球の状況はかなり他の惑星の励みになっているようですネ!(笑

「彼ら(地球人)ができるくらいなら、僕らには楽勝」・・・このセリフは何度も出てきてます♪

何度も繰り返されているメッセージではありますが、「制限専攻の大学生」として、「制限の解放」をしっかりと学んで生きたいものだ!と改めて心したバシャール・セッションでした☆感謝

yukiko

Web制作会社 バスティル

この後に読まれている記事

2コメント

  1. T-DUCK より:

    闇が深いほど明るい光に強く飛んで行けるなら、暗い闇に居るほど実はツイテル!(斎藤一人さんの様ですね)そうか、小気味いい程気持ち良い程手放します!
    これならCome rain or come shine いつでも人生ワクワクです。
    推薦図書BASHARをアマゾって昨夜丁度読んでおり、とても理解出来ました。

    Yukikoさんのチョイスのタイムリーさにいつも感謝と驚きの気持ちでいっぱいです。

  2. yukiko より:

    T-DUCKさん、こんばんは!「闇」を悪いものだと考えること事体が本質からずれているのでしょうね☆今ここに生かされていることそのものが「ツイテル」んだと思います。毎日、毎瞬の自分をいとおしんで、今日もワクワク生きれた自分を高く評価して!この調子で楽しんでいきたいなぁ・・・と思っています♪
    いつもこの高なる思いをシェアさせてもらって、本当に感謝しています☆yukiko

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です