ロード中...
現在地:  ホーム  >  スピリチュアル・レッスン  >  アセンション  >  閲覧中の記事
地球人のためのスピリチュアル・レッスン オープンクラス 2017年3月20日(日)

今地球に起こっていること~ドロレス・キャノン

2012年12月11日  /  6コメント


明日は2012年12月12日、またひとつアセンションのポータルポイントを迎えますね☆今日は、先日の東京クラスで取り上げたテーマ:ドロレス・キャノン『5次元の地球へ』で取り上げた動画をご紹介します。

ドロレス・キャノン女史は、1931年生まれのアメリカ人、50年間に及ぶ長い間ヒプノセラピストとして世界的に活躍しています。彼女がその臨床過程に体験し、クライアントから得た情報量は膨大で、ノストラダムスとの対話を始め、アトランティス、UFO、エンジェル、高次元存在など、まさに3次元での理解を遥かに超えた多次元的情報を発信し続けてくれています。

これからいくつか、この時期大切だと思われる情報をドロレス・キャノンの動画からご紹介していこうと思っています。今回の動画でも語られていたように、私自身も「今この地球で起こっていること」をより良く理解し、受け止めていくことがとても大切だと思って生きているので、それを私に出来る形で分かち合っていけたら~と思っています。

【2012年からこの先の地球に関する情報】

*1.私たちは今、まったく新しく美しい地球に次元移行している真っ直中である。

*2.惑星ごと次元上昇(アセンション)するということは、宇宙始まって以来地球が初めての出来事である。
(過去、マヤ文明、ネイティブ・インディアンの種族等、文明ごと、種族ごと次元上昇した前例はある)

*3.この次元上昇に当たり、地球は2つに分裂する。ヴァイブレーション・周波数の低いネガティブな古い地球はそのまま残されることになる。

*4.古い地球には、まだヴァイブレーションを高められていない人々、カルマを解消できていない人々等、準備のできていない人が残ることになる。
しかし、いずれは彼らも次元上昇(アセンション)することになるので心配はない。

*5.準備の整っていない人を変えようとしてはいけない。
しかし、どちらに行くか迷っている人に関しては、サポートしてあげなくてはならない。
どちらの地球に行くかを決めるのは、それぞれが決めることである。

*6.このシフトに際して、私たちは霊的能力を取り戻すということをしている。

新しい地球に、ヴァイブレーション・周波数をあわせていく段階で、肉体的な変化、異変を感じている人が多く出始めている。
(症状として、うつ状態、動悸、高血圧、関節・筋肉の痛み等がある)

*7.実際、新しい地球に移行していく人々は、そのヴァイブレーションにあった身体・DNAに変化している。

*8.子どもたちはすでにDNAを変化させて、生まれてきているので影響をほとんど受けない。

*9.次元上昇のために私たちは身体を軽くしていくため、食生活・飲料水に注意し、変えていく必要がある。
肉食を減らし、新鮮な果物・野菜を中心に取ること、水を多く飲むことが大切である。

*10.まず私たちは肉体を持ったまま次元上昇し、かなりの時を経て光の存在へと移ってゆく。

*11.深くネガティブな状態にある人、この変化を望まない人は、古い地球に残りカルマの解消に取り組まなくてはならない。
カルマを持ったままこの人生を終えた場合、もう地球に戻ることはできない。他の惑星でカルマの解消に取り組むことになる。
(地球はかなり高い意識、周波数になっているため)

*12.新しい魂達の中には、地球を救うために生まれてきているものが多い。
彼らは、純粋で暴力を知らず、解消すべきカルマのない魂達である。

*13.この全過程は、もう後戻りできない。もうすでに始まっている、起こっているからである。

以上(要約 by yukiko)

今後、ドロレス・キャノン女史からの動画から『エンジェルについて』『アトランティスについて』『新しく生まれてきている子どもたちについて』『情熱を持って生きるには』などを引き続き発信していく予定です。

See you soon in a Beautiful NEW Earth☆☆☆

【動画スクリプト】

私たちは相当長い間、この惑星地球を破壊してきました。人口過多、環境問題など地球そのものへの破壊行為です。そしてついに地球は、もうそれに耐えられないとことまで来ているのです。そこで言ってみれば、時の権力者によってこれら全ての状況を変えていくためには、新しい地球を開発するしかないと決められたのです。完全に違う地球、言葉に出来ないほど美しく純粋な地球にするのです。

私たちはそれをどう実現するのでしょうか?私はここ数年間、私たちは今新しい地球に移行しているということを聞かされてきました。私たちは古い地球を離れています。地球は2つに分かれていっているのです。

私たちは、地球の周波数、ヴァイブレーションを上げることによってまったく違う次元に入っていきます。私たちは新しい次元にシフトしていっているのです。これは全宇宙、宇宙の存在たちすべてが注目する地球の一大イベントです。なぜなら、これは宇宙中を見ても初めての出来事だからです。つまり、惑星全体が新しい次元にシフトしていくことは初めてのことなのです。

この時、地球が2つに分かれるということが起こります。古い地球は、全てネガティブなこと、全てのカオス(混乱)と共にそのまま残されます。そして、新しい地球は離れます。そこは、完全に新しく美しい地球す。今まで、身体のヴァイブレーションの周波数をあげてきた人は、新しい地球にシフトしていきます。

現在、様々なことが起こっています。多く人がこの変化を身体の異変として感じています。説明のしようがない症状が彼らの身体に出てきているからです。これは身体がシフトする時、身体のヴァイブレーションをその周波数に変えていくために起こっています。周波数はすぐに変えられるものではありません。急に変わることは身体にとってダメージが大きく負担がかかり、それをしたら死んでしまうからです。ですから変化は、徐々にゆっくり行われなければならないのです。

この地球の変化に対して準備が整っている人、受け入れている人は身体のヴァイブレーション、周波数を上げることによって新しい地球に移行していく人たちです。そのような人は積極的にこれらのことをよく学び、受け入れていく必要があります。

症状の例として伝えられているのはーうつ状態、動悸、高血圧、関節の痛み、筋肉の痛みなどがあります。たとえ病院に行ったとしても、ドクターは”悪いところは特に見当たらない”と言うでしょう。もちろんドクターは薬を与えるでしょうが、悪いところは見つけることはできないのです。これらは、身体が違った周波数に調整していくための症状です。身体がその影響を受けているのです。症状はしばらく続いてなくなります。そして、そのようなことを何度か繰り返します。

年を取っていればいるほど肉体的な症状はきつくなってきます。身体にあるたくさんの問題を新しい周波数に変化させ調整するからです。中年期の人はそれほどでもないでしょう。子どもたちの場合は、ほとんど何の影響も受けないでしょう。彼らは地球にやってくる時、すでに周波数とDNAを変えてきているからです。その他の人たちは、シフトすること、調整することが楽ではないでしょう。しかし身体、つまりDNAは確実に変わっています。

私たちは食事に気をつけるようにと言われています。赤肉をたくさん食べることをやめ、軽い食物を取らなくてはならないのです。他の次元にシフトしていくために身体を軽くし、上昇させていかなくてはならないからです。重たい食事をし続ければ、進歩を妨げてしまうのです。人々はすでにお肉を欲しがらなくなっていることに気がついています。理想的な食事は、新鮮な食べ物つまり、果物や野菜です。さらに、身体が軽くなっていくにつれ、飲み物にも注意が必要だと言われています。

私たちは新しい地球に入っていくにあたって、初めのうちは肉体をもっていきますが、しだいに純粋なる光に変わっていきます。それにもかなりの時間がかかるでしょう。しかし、新しい地球にいかない人、古い地球に残る人はネガティブなことに巻き込まれ、変化を望まない人であり彼らは自分が創造した世界に残るでしょう。

その他の人たちは残りません。彼らはこれ以上ネガティブな密度の世界にいたくないと望んでいるからです。自分が創造した世界に残る人たちは、カルマがあれば、カルマを解消するために彼らは古い地球に残らなくてはなりません。彼らは死んだ後、もう地球に戻ってくることは許されないでしょう。なぜなら、地球はかなり変わってしまっているからです。彼らは、まだネガティブなことが残っている惑星に送られ、そこでカルマを解消に取り組むことになります。しかし、それも問題ではありません。いつかは彼らも次元上昇するからです。

しかし、今の段階では2つの世界の分離が起こっています。聖書の黙示録にもありますが、残された人たちが新しい世界、新しい地球のことを話す場面がありますが、今起こっているのはそのようなことです。残される人というのは、まだ準備が整っていない人ということです。彼らはそんなに急にヴァイブレーション、周波数を変えることができないのです。変化はゆっくり行われなくてはならないのです。先に進むためには、今の段階でその状態になければならないのです。たとえこれに気がついたとしても遅すぎなのではと思います。この時点で取り組んでいる必要があるのです。

それから、あなたは、誰一人として、人を変えようとするべきではありません。すでに目覚めている人、今何が起こっているかに気づき先に進んでいる人は、彼らは彼らの居場所にいるのですから、それを心配する必要はありません。どちらにせよ、深くネガティブに入り込んでいる人たちを私たちが変えることはできないのです。彼らは自分で道を切り開かなくてはならないのです。私たちは、誰一人、人を変えようとしてはいけないのです。

しかし、どちらに行っていいのか迷っている人に対しては働きかけなくてはなりません。話してあげなくてはならないことは、ことは起こっているということものごとは変化しているということ、私たちはまったく新しい世界に移って行っているということです。

先日あるコンファレンスで「メアリーから世界へのメッセージ」を書いたアニー・カークウッドに会ったのですが彼女が自分に起こったこと、その時のビジョンを話してくれました。これはよく現しているなと思います。

彼女は、ボールのようにまるい地球を見ました。それから、世界が細胞分裂するように2つに離れていくのを見たというのです。そして真っ二つに分かれた2つの地球を見たのです。こちらの地球の人が”やった!やった!やった!”と言い、こちらの人は”なんて残念な!あんなことを信じこんで死んでしまうなんて!”と言っているのを見たというのです。

つまり、どちらも相手のことがわからずにいるということです。これが聖書に書かれていることです。畑で働いていた2人のうち、一人は連れて行かれ、もう一人は残されたという話一緒に寝ていた2人がいて、一人は連れて行かれ、もう一人は残されたという話、聖書で言われているのもこのことです。

ですから、私たちも何が起こったのか気が付かないことでしょう。しかし、どちらの地球へいくかを決めるのはあなたです。これはもうすでに起こっていて、誰も逆行させることはできません。なぜなら、地球を救うことの出来る唯一の方法はまったく新しい地球を創造し先に進んでいくことだからです。

人間は、長い歴史の間何度も文明を崩壊させてきました。そのたびに、人間はマインドの力を間違って使ってしまったのです。そのたびに、人間は最初から新しい文明、世界を創り直し、やり直さなくてはならなかったのです。しかし今回はそう悠長には行きません。それはできないのです。時間を無駄にできないのです。

これは、私たちの霊的能力を取り戻すことでもあります。これまでのやり方を変えるのです。なぜなら、私たちは世界を破壊して最初からやり直すのではなくそのまま続行させていくからです。古い地球は、地震や津波、火山の噴火、戦争等がある世界です。カルマに取り組まなくてはならないので、それらは古い地球に残ります。頑張って、それらを全て解消していくことになります。

それに関わる人々は、自分たちが創造したその環境に残らなくてはならない人たちです。しかしそれ以外の人で、そこを離れまったく新しい美しい地球に行きたいと思う人はそちらへ移っていきます。今起こっているのはこのようなことです。

2012年に終わると言われているマヤ暦ですが、その真意ですが、それはマヤの人々自身がシフトしたということです。突然姿を消した民族、文明というのはたくさんあります。マヤ人に関しても彼らに何が起こったのか知る人は誰もいません。また、ネイティブ・アメリカンのいくつかの種族も突然姿を消しましたが誰も何が起こったのかわかっていません。

私の研究によってわかったことは、彼らは突如として、ヴァイブレーションをあるところまで上昇させることができ、文明全体が団体で他の次元にシフトしたということです。マヤ人は相当優れていたので、自分たちが何をしているのかわかっていました。彼らは未来の時代を予知することもでき、この地球全体も新しい次元にシフトするという一大イベントが起こるということもわかったのです。それを彼らが見たのが2012年だったということです。だから、カレンダーがその時点で終わったのです。

2012年というのは、最終的なシフトに向かって様々なことが移行して落ち着いていく期間だと言われています。ですから、私たちにはもうあまり時間がないのです。今私たちに様々な問題が浮上し、カオスを体験しているのは、2つのうちどちらにいくのかを決め、変化していく時だからです。

ですから、今私たちはとても大事な時代を生きているのです。今新しく生まれてきている魂達がたくさんいますが、彼らはその変化のためにきています。彼らは自ら進んで地球を助けようとしてここに来ています。宇宙中で、この地球を助けるためのボランティアを募っているのです。彼らは純粋で、暴力を知らず、解消しなくてはならないカルマもない魂達でそういう魂達しか来れないのです。彼らはここにいる人々の意識を高めるためにやってきています。彼ら自身も自分がその一員だとは気づいていません。それも私の研究でわかったことです。

彼らは、自ら進んでやってきたこと、世界の意識を上げるために自分のエネルギーを使っていること、自分がその一員であることなど意識もしていません。それも私の研究で分かりました。今、ポジティブの方がネガティブを覆い隠してしまう程になり始めているからです。

私たちは新しい世界に移行しています。そこはあなたの想像を遥かに超えた世界です。もう後戻りするには遅すぎますすでにその過程にあり、起こっていることなのです。

by ドロレス・キャノン


この後に読まれている記事

6コメント

  1. kaze726 より:

    12月の中頃変った夢を見ました。
    あるおばさんが現れ、私にこう言いました。
    「新しい衣に着替えるか、それともこれまで通り・・・・・伝説の評議会が近づいています・・・」

    所々記憶が飛んでしまいましたが、その声は鮮明な日本語でエコーがかかっていました。
    また、そのおばさんの姿はきらきらと光り輝き特別な存在を印象づけるものでした。
    「守護霊が夢に現れた」 と思いました。

    私はこれまでアセンションについてはほとんど信じていませんでした。それどころか、批判的な書き込みをしたこともあるほどです。

    しかし、そんな夢を見てからアセンションに関する動画を見るようになりました。
    そして、今月の初めYouTubeを見ていましたら、衝撃を受けました。

    夢に出て日本語を話していたあのおばさんが出ていたのです。自分の守護霊だと思っていたその人がドロレス・キャノンさんだったのです。

    この人外国人だったの?この世の人?なぜこの人が自分の夢に?
    語っている内容もまさしくアセンションの話ですので疑いようがありません。
    私はしばらく興奮状態が続きました。
    それでも完全には信じ切れない自分がいます。
    ただ、アセンションがあるかないかという前に、自分の心の問題に取り組むことは常に必要なのだと思います。

    ちなみに、動画によってドロレス・キャノンさんの印象は随分違いますが、夢に出て来たドロレス・キャノンさんは、こちらの動画そのまんまの服、姿、顔、です。
    ただ、立っていましたが。

  2. iwao より:

    ドロレスキャノンで検索したら、トップにこのページがあがってきました。
    これからも楽しみにしています。
    よろしくお願いいたします。

  3. hiro より:

    はじめまして、ひろと申します。
    一週間前ごろから、とても苦しくて、本当に死んでしまいたいと、でも死んでも、
    妻と子供がいる、家族が悲しむ、でも、現実はそう簡単なことではない。
    私は生まれた時から、在る新興宗教の家族に生まれ、教会の常識を埋め込まれて、
    育ってきました。
    あるとき、その常識が、エゴばかりだと、気付いて、教会を離れました。

    教会の人たちが私を地獄に落ちると、噂しているんではないか、教会に来なければ、
    幸せは来ないぞ、と私の頭にささやいてくるんです。
    現実もうまくいかないのです。

    そして苦しんでいたところ、まず、はやし浩司先生のビデオに出会い、あらゆる可能性があることに気付き、そこから、アレックスコリアーというアメリカ人のビデオと出会い、
    次元を上げることを知りました。
    そして、私も次元を上げたいと強く願いました。
    実は今認知行動療法を臨床心理士から受けています。そこで、自動思考という自分の思考が在ることに気付きました。その自動思考がどんなものか、エックハルトトールのビデオから学びました。
    そして、自分のペインボディーに語りかけて、おまえは良くやったんだよ、その時は仕方なかったんだ、頑張ったな。っと声をかけました。
    そうしたら、過去の自分と今の自分が一つになったような感じがして、とても、心地よい、
    幸せな気持ちになり、涙があふれました。

    その気づきの段階で、過去が変わっている。前までいた世界なのですが、なにかが違うように
    感じるようになりました。

    勘違いでしょうか?言葉で説明ができません。

  4. yukiko より:

    ひろさん、はじめまして、こんにちは!

    気づきの段階で、過去が変わっている
    前までいた世界なのに、何かが違うように感じる

    ひろさんが体験していること、それはまさに、今多くの人々が体験し始めていることだと思います。

    気づきの段階で、自分がたどってきた過去のストーリーの重さ、そこで思い込んだ思考と付随する感情は、どんどん薄れていきます。

    苦悩は、思考という形、肉体的な痛みとして、存在感を確固たるものとして突きつけてきましたが、その幻想的な仕組みが崩壊し始めているのです。

    気づいてよかったです☆

  5. HIRO より:

    温かい言葉ありがとうございます。

    パラレルワールドの世界の中で、自分と関連のある、または、記憶にある
    関係性においては、全くの変化は感じられないのですが、
    私の記憶にも関係性のない所で、大きな変化を感じるのです。

    ただ単に、あなたが知らなかっただけだと言われれば、そうなのですが、、

    しかし、あれから、確実に私の現実が変わりつつあります。
    今を意識して、無理をせず、今すべきことを実践しました。
    運命が一日で転がり込んできました。向こうから、、

    常に、今を意識して、修行していきたいと思います。

  6. yukiko より:

    HIROさん、

    こちらこそ、ありがとう~☆

    文面からHIROさんの温かさ、優しさが伝わってきます。

    人生はスピリチュアル・ジャーニー、気づきも悟りも「今ここで」起こり続けていくもの・・・
    そのプロセスを大切に生きていきたいです。

    愛と感謝を込めて

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です