ロード中...
現在地:  ホーム  >  スピリチュアル・レッスン  >  今ここに生きる  >  閲覧中の記事
地球人のためのスピリチュアル・レッスン オープンクラス 2017年4月23日(日)

「自分の喜びとなり、幸せとやりがいを感じられる仕事を見つけたいのです」エックハルト・トール

2017年4月8日  /  コメント無し


真のサレンダー人生へ!

エックハルトの間、そしてちょっと皮肉の混じった表情、笑顔とジェスチャー・・・これは本を読むだけでは味わうことのできない動画ならではの醍醐味です。

私たちのこれからの生き方は、今月のオープンクラスのテーマでもある「内なる自由と開放を生きる」=真のサレンダー人生へまっしぐらのようです。私たちの内なる魂の衝動は総清算の段階に突入し、唯一無二のシンプルライフ、意識をこの世に現す生き様をするしかなくなってきました。愛と感謝と共に

with VastStillness

喜び、幸せ、やりがいに繋がる仕事を見つけたいのです

質問者: 私は13年間会社勤めをしてきましたが、仕事はつまらないし価値も感じていません。サレンダーしたという思いもありますが、仕事を変えたいと思うし、でも何をしていいのかもわかりません。どうしたら、自分の喜びとなり、幸せを感じる仕事、やりがいを感じられる仕事が見つかるのでしょうか?

エックハルト・トール: まず、現状から逃れようとするのではなく、あなたが今いるところから始めましょう。常に、今この瞬間から始めていきます。あなたはサレンダーしたと言っていましたが、それは心の底から真にサレンダーしたのでしょうか?私からの提案は、あなたが毎朝会社に行くときに、思考に持っていかれるのではなくプレゼンスの状態に入ることです。電車に乗っている間、車を運転している最中、歩いている間中、プレゼンスにいるようにします。完全にプレゼンスにとどまっているようにします。

会社で仕事をする時も、ひとつひとつのことを少しだけでも良いですから、できるだけプレゼンスの空間を取り込むようにします。何回かでもいいですから、意識的な呼吸をします。電話でやり取りをしたら、その後も2回意識的な呼吸をします。ランチに行く時も、レストランで食事をしているとき、お弁当を食べているとき、ひとつひとつの動きを意識的に行うようにします。つまらなくなってしまいがちなその状況を利用するのです。プレゼンスの単なる背景とするのです。

現状を活用して「今この瞬間」を生きる

仕事に満足感を求めるのではなく、違った意識に注意を向けていくということです。つまり、あなたの仕事環境は背景になり、プレゼンスに在るための格好の言い訳になるわけです。ということは、あなたはラッキーなのです。つまらない仕事というチャンスをもらっているからです。もし、あなたが夢中になって頑張れる仕事をしているとしたら、それはもっと難しいことになっていたでしょう。ですから、どちらかと言えばつまらない仕事を与えられたことに感謝してください。ですから、従来とは違った意味で、それを面白いものとしていけるのです。意識的なものとしていくのです。

あなたの仕事は株式市場で「売りだ!買いだ!」と狂い叫ぶ仕事ではありませんね。もし、株式関係者の方で同じような質問のある方は、また別途ご質問ください。別のアドバイスをしますので・・・。ご質問があった時点でお答えします。また方法がありますから・・・。今はわかりませんが・・・。

状況を活用するのです。そうしているうちに、不平不満が消えていきます。これが真のサレンダーです。あなた(この質問者)は、サレンダーする練習を重ねたと書いていましたが、不平不満が残っているとしたら完全にサレンダーしたとは言えません。他のところで働いたほうが良いかなと考えていたり、頭のなかで「もう13年も働いたのかあと何年働けば定年になるのかな」と定年までの年数を数え始めているとしたら、そうやってあなたは過去と未来にもっていかれて自分を見失っているのです。過去と未来という重荷を背負って、この瞬間に与えられているチャンスを逃しているのです。マインドが「これは大して面白くない!」と言ってくるからです。

外的状況に頼らない在り方へ

あなたが「今この瞬間」に立ち返るという練習を繰り返していくと、いつもと同じような活動をしていても、生き生きとした領域の次元が現れてくるのを感じてくるでしょう。いつもと同じような活動をしていても、生き生きとした感覚で生きるようになるのです。そうなったら、大体の場合人生に変化が訪れます。今この瞬間から逃れようとするのではなく、今この瞬間に意識に合わせていくと、内面の調和が起こってきます。そうすると、今知しるべきこと、内面の知が動き出すのです。今にあるということにあなたが完全にはまり込んでいると内面のパワーが蘇ってきます。それを私は「パワーオブナウ」と呼んでいます。それは命の力そのものです。それがあなたの中に流れ込んでくるのです。

それがまずは、あなたの毎日の仕事同僚との関わりの中にも流れ込んできます。よりプレゼンスである事ができるようになります。その違いに気づく人も出てくるかもしれないし、気づかない人もいるかもしれませんが、徐々に、宇宙の命もあなたの意識状態の違いに気づき始めて、あなたの人生に変化が起こるのです。出来事として、出会いとしてチャンスがやってくるのです。あるいは、ある朝目が覚めたら、何かいいアイディアが浮かんできたり、気づきが起こるかもしれません。または、劇的なことが起こり、たとえば長年勤めたあなたの会社が倒産して、みんなが仕事を失うことになるかもしれません。

あなたは突然、自由の身になってしまうのです。でも、あなたはすでに自由なのです。あなたはすでに内面で自由になったからです。どんな変化となって人生が展開していくのか、それは私たちには知りえないのです。変化はやってくるでしょうが、あなたの内面の状態は外的な変化に左右されなくなるのです。そこが大きな変化です。あなたは外的な状況に依存しなくなります。たとえ、あなたの人生に何も起こらないとしても、あなたの人生最後の呼吸が意識的な呼吸である時まで、この練習を続けるのです。そうすれば、あなたはこの姿形としてこの地球に存在するという目的を果たし、満足することでしょう。それが、意識をこの世に現わす生き様だからです。

ですから、あなたは何を頼りにする必要もありません。人生にはいろいろなことが起こってきます。この「今にある」という練習は、何かの目的のためにすることではありません。練習はしてみるけど、6週間も練習したのに何も起こらなかったらやめる!そういうものではないのです。

サレンダー、それとも思考に埋もれていませんか?

教会に行っている女性がいました。彼女の家は、目の前に丘があってそのために、その向こうにある海が見えない場所にありました。その丘がなければ彼女の家の価値はかなり上がるわけです。彼女は教会で「からし種ほどの信仰があれば山をも動かすことができる」というイエスの話を聞きました。そして、彼女はこの話を信じてみよう、これは山にもならない丘なのだから、明日の朝この丘がどうなるのか見てみようと思ったのです。翌朝、目が覚めてカーテンを開けると、丘がまだそこにありました。「そんなことは起こるはずがないと思ったわ」と彼女は言ったのです。信仰というのはそんなものです。

ですから、つまらない仕事をしている人みなさん、たぶん、そういう人は少ないとは思いますが、それをスピリチュアルな練習、意識の練習にしてみてください。仕事がつまらないというのは、仕事に対してやりがいを感じられないというだけでなく、人生においてチャレンジのない状態というのは、思考に埋もれてしまっているという危険性もあります。自分では受け入れていると思っていても、思考に埋もれている場合があります。仕事に行っても生き生きとした感じがどんどんなくなって、かったるくなってしまうのです。長く同じところで働いている人はそうなりがちです。それはサレンダーでも、プレゼンスでもなく、思考以下に埋もれてしまっただけです。思考を超えてはいません。

by エックハルト・トール


この後に読まれている記事

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です