ロード中...
現在地:  ホーム  >  未分類  >  閲覧中の記事
地球人のためのスピリチュアル・レッスン オープンクラス 2017年9月23日(土)

”無限のパワーに繋がって生きる”

2013年2月19日  /  1コメント


これは、イギリスで活動しているスピリチュアル・リーダーのクリス・ボーンからのメッセージ動画です。
彼はOpenhandという名のもと、パートナーのトリニティとともに、意識の目覚めのためのワークショップ、講演などを行なっています。
とても素晴らしい動画をいくつも作り、貢献してくれています。
彼らの発信しているメッセージを是非日本語でも紹介していきたいと思い、今回初めて彼らとコンタクトを取り始めました。
今年は繋がりの年です。
動画を通してこのように繋がっていけていること・・・
まさに意識は繋がっていることを体験させて頂いています。

感謝☆
Openhand
http://Openhandweb.org

【動画スクリプト】

Power of Being

人間は依然として、成果・結果という現象のために精力をつぎ込んでいます。
”この仕事が得られるだろうか、あの家が手に入るだろうか”
”この関係を続けるべきか、あるいはもう違うか”
私たちは未だに、鏡の中の出来事に精力をつぎ込んでいるのです。

鏡を創っているものは、私たちの内面にあったものです。
だから、あなたが外の鏡に映るものを変えたいのなら、
自分が誰で何者であるかを見つけ、明らかにしなければならないのです。
そうすれば、あなたは最強のパワー、想像を超えたパワーを得ることになるからです。
それは、社会のパワー、1%の銀行家達のパワー、政治家達のパワーを超えたものです。
彼らには何の力もないのです。
彼らは手からこぼれ落ちてしまうわらを掴んでいるだけなのです。

しかしあなたの内面には無限のパワーが宿っているのです。
そして、そのパワーはあなたの存在そのものなのです。
あなたの存在は、すでに全てを創造しているのです。
私たちはただ、それに気づいていないだけなのです。
私たちはすでに創造しているのです。

私たちは、意図的に具現化する必要はないのです。
それはマインドの作り上げたちょっとした泡のようなものなのです。
私たちはすでに自分の意識で創造しているのです。

その鏡を覗いて自問してみてください。
”なぜ私はそれを創造したのか” ”なぜ私はその人と離婚したのか”
”どうして家賃が払えないのか、どうしてアパートを追い出されたのか”
”なぜこういうことが起こっているのか”
”それは深いところで、私に何をしようとしているのか”
”それは、どういうやり方で私を本当の自分より貶めているのか、ダメなものとしているのか”

本当の自分は永遠であり、あらゆるところに存在し
死ぬことはできないものなのに・・・
本当の自分は全てなのだからどこへ行くこともできないのに・・・

ですから、鏡に写るどんな出来事も状況も
『あなたは今何者なのか』ということを人生を通して語りかけてきているのです。
”これはあなたを満足させているのか”
”あなたがよりあなたらしく生きられる表現方法はもっと他にあるか”
と語りかけているのです。

あなたは仕事も変えられるし人間関係も、住む場所も変えられます。
しかし、内面を変えない限り状況を変えることはできないのです。

しかしこれは、自分が何になりたいかを考え直すこと、
そこにこの考え方を押し付けていくことではありません。
それはまた新たな幻想です。

運命があるのです。調和したあなたの魂の輝きがあるのです。
本当のあなたが確かに存在しているのです。
本当のあなたは、いつでもどんな時でもあなた自身と繋がっているのです。
あなたが本当のあなたと繋がっている時
この奇跡があなたの前に明らかになるのを目の当たりにするのです。

あなたは選択をする必要もないのです。選択も実は幻想なのです。
選択は究極的には幻想になるのです。
あなたがある選択に直面して、これをするのか、あるいはこれなのか、わからない時
見ていくのは一箇所しかありません。
あなたが探しているのはこれ一つです。

これなのか、こっちなのかというところに答えはないのです。
そうではなく”今この瞬間、私は本当の自分を受け入れているのか“
そこがポイントなのです。
もしあなたが、どちらを選んで良いのか、難しい選択に直面した時
本当のあなたが明らかにしようとしていること、
表現しようとしていることは何なのかを見つけ出してください。

そうなった時、道は自ずと開かれるのです。
それは自然に起こるのです。
道があなたの前に開かれてくるのです。

By Chiris Bourne
Openhandweb.org


この後に読まれている記事

1コメント

  1. nitta より:

    こんにちは。素晴らしいですね。選択する必要もない、選択は実は幻想だってフレーズがグッと来ました。PaperbackのFive Gateways 注文しちゃった。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です