ロード中...
現在地:  ホーム  >  スピリチュアル・レッスン  >  現実創造  >  閲覧中の記事
地球人のためのスピリチュアル・レッスン オープンクラス 2017年4月23日(日)

スティーブ・ジョブズ~『ハートに従って生きろ!』Follow Your Heart!

2014年4月26日  /  4コメント


ハートに従って生きろ、自分を信じて生きろ・・・といった内容のメッセージは、今まで数え切れないほど出してきましたが、今回選んだ動画(スティーブ・ジョブズのスタンフォード大学でのスピーチからの抜粋)も、文字通り同じ内容です。こういった誰もが同じことを言うシンプルなメッセージは、実に「体験した者」のみがその体験を持って言い切ることのできるものであり、シンプルなだけに奥の深いもの、とにかく諦めることなく、自分が体験者となって生きるしかありません。

そこでひとつルーミーの詩を思い出したので書き記しておきます。

”誰もかも、我々の仲間としてやっておいで
さすらい人も、師を求める人も、世捨て人でさえも、かまわないから
我々の仲間は絶望しない者の集いだ
今まで何千回もちかいを破った人も、やってくるがよい
さあ、何度でも、もどっておいで”

メブラーナ・ジャラ-ルッディーン・ルーミー

今日もありがとうございます☆感謝

Follow Your Heart!「ハートに従って生きろ!」by Steve Jobs

「あの時があったからこそ今の自分がいる」それは過去を振り返って言えることだ。だから、とにかく何事も将来になってみれば繋がっていくものなのだと信じて生きていくしかない。いずれにせよ、何かを信じて生きなきゃならない。自分の根性、運命、人生、カルマ・・・。でも、すべては繋がっていくもんなんだと信じることができれば、安心してハートの導き通りに生きられるだろう?たとえ、その道が横道にそれているように見えても、それがきっと大きな違いを生むことになるだろう。

人生はそう長くない。だから、誰かさんの人生をマネしている暇なんかないんだ。世間体、世間の常識に惑わされるな。それは人の価値観を基準にした生き方だ。なんだかんだ言ってくる他人の考えで自分のハートの声を打ち消したりするな。そして、最も大切なこと、それは自分のハートの導き、直感に従う勇気を持つことだ!自分のハート、直感は何でもよくわかっている、自分が本当は何になりたいのか。その他のことはみな二の次だ。

とにかく、自分が夢中になってできることを見つけるんだ。それは仕事にも恋人にも言えることだ。仕事はキミの人生にとって大きな位置を占めることになるだろう。その仕事にやりがいを感じるには、自分が素晴らしいと信じたことをやるしかないのだ。そして、“いい仕事”をするためには、自分が夢中になってできることをするしかない。もし、それがまだ見つかっていなかったら、探し続けるんだ、あきらめちゃだめだ。

ハートは何でも知っているんだ。だから、見つかった時には不思議とそれだとわかるはずだ。豊かな人間関係と同じように、キミのやりたいことも 継続していく中でそれはより味わい深くなっていくものだ。だから、探し続けるんだ。

飽くなき挑戦、常識を覆すことを忘れるな!
Stay Hungry! Stay Foolish!


この後に読まれている記事

4コメント

  1. mitsuko より:

    yukikoさん☆ありがとうございます!まさに自分が夢中になれることを探していて、でもこの歳でまだこんなことしてていいんだろうかって、私には夢中になれることなんかないんじゃないかって自分を疑ったりしてました。もう歳だからってあきらめずハートの声を聴くようにします。

  2. yukiko より:

    MITSUKOさん、こんにちは!

    ”この歳で”とか”もう歳だから”という語彙を
    みつこさんの頭の中の辞書から削除してください!笑

    いつでも、今しかないのだから、
    年齢は架空の概念☆

    Have Fun!

    いつもありがとう~☆

  3. ritoru より:

    こんばんわ yukikoさん。
    昨日の返信で頂いたコメントでつながる事がありました。
    先日から カンカジの「ポケットの中のダイヤモンド」を読んでいます。
    今回のジョブズさんと同じように「体験した者」が語る言葉に自分の中で感じ取る感覚を認識出来ます。
    答えが出る訳では在りませんがこの感覚をしばらく楽しみたいと思います。
    いつもありがとうございます☆

  4. yukiko より:

    RITORUさん、こんにちは!

    本も動画も、ハートで感じて腑に落とす~そんな感じで楽しめればいいですね。
    いつもありがとうございます~☆

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です