2019年3月東京オープンクラス+2日間実践瞑想クラス開催

下記の日程で地球人のためのスピリチュアルレッスン2019年3月東京オープンクラス、及び2日間実践瞑想クラスを開催いたします。
【3月東京オープンクラス】
開催日時:2019年3月2日(土)13:30 ~16:30
テーマ:「瞑想ができなかったのはなぜか?」瞑想への向き合い方をリセットする
場所:かつしかシンフォニーヒルズ 別館 カトレア
受講費:5000円

指導者:畠山桂子(ヨーガ専任講師)、平山由紀子(地球人のためのスピリチュアルレッスン主宰)

※今回のオープンクラスは、3月21日(木・祝日春分の日)3月23日(土)に開催する2日間実践瞑想クラスへの導入を兼ねています。それぞれ1日だけの受講ももちろん可能ですが、これらの3日間を通しで受講していただくことで、瞑想に向き合う意識を見直すこと、自分自身の内側に揺るぎない礎を定めていくための軌道修正がなされていくプログラムとなっています。

※参加お申し込みは下記の参加お申し込みフォームよりお願い致します。
※この催しは、開催会場となるかつしかシンフォニーヒルズとは一切関係ありません。

【2日間実践瞑想クラス】
開催日時:2019年3月21日(木・祝春分の日)3月23日(土)各日13:30~16:30
テーマ:1日目「技法としての瞑想/瞑想するための準備」
2日目「瞑想を生き方に活かす/瞑想実践プラクティスの紹介」
場所:かつしかシンフォニーヒルズ 別館 ローズ(3/21)、コスモス(3/23)
受講費:各日7500円

指導者:畠山桂子(ヨーガ専任講師)、平山由紀子(地球人のためのスピリチュアルレッスン主宰)

3日間全クラス受講費 17000円

※お支払い方法:オープンクラスのみのお申し込みの場合は、当日会場にて受講費を集めさせていただきます。2日間実践瞑想クラス、3日間全クラス受講をお申し込みの方は事前お振込みをお願い致します。振込先はお申し込みをいただいた後の返信メールにてお知らせいたします。その場合の欠席・キャンセルに対するご返金はありませんので、ご理解ご了承のほどどうぞよろしくお願い致します。

※※参加お申し込みは下記の参加お申し込みフォームよりお願い致します。
※この催しは、開催会場となるかつしかシンフォニーヒルズとは一切関係ありません。

***********************************************************************************************

※オープンクラスは、当サイトから配信してきた動画、そこで語られている教えとメッセージ内容に対する理解を深めること、またそれらを「実際に生きること」へと繋げていくことを趣旨として開催されています。参加お申込みは、下記お申込みフォームよりお願い致します

※ 当催し物は開催施設と一切関係ございません。
※ クラス終了後懇親会を予定しております。こちらは各自実費でお願いします。
※ 次回オープンクラス、集中合宿」は、日程が決り次第お知らせします。

瞑想は必要だとわかっている・・・だけどうまくいかない


「スピリチュアルな世界で迷っていませんか?」というオーディオメッセージを配信しましたが、「瞑想」に関してもまさに同じことが起こっています。つまり、正体も知らないものに対して、知ったつもりになって取り組もうとしていること、「瞑想」についてわからないまま「瞑想」をしようとしているということです。

「瞑想」に関して出回っている情報は、ほとんどがその効果に関するもので、多くの場合その魅力的な結果の部分が人々の興味をひきつけていると思います。どんなこともどんなものも、「それをするとどうなるのか」「それがどんな価値をもたらしてくれるのか」そこが大切なポイントになって現代人は情報を追いかけているからです。「瞑想」を始めようと思うときの動機も例外ではありません。「それをするとどうなるのか」「それがどんな価値をもたらしてくれるのか」人々はそれを知ってからでなければ「瞑想」を始めようともしないわけです。

しかし、「瞑想」に多大なる効果・価値があると聞いて習ってみたところで、実際に目を閉じてじっと黙って何もせずに座っているのは案外難しいものだと感じたことがあると思います。私たちを取り巻く環境はあまりにも自然な在り方からかけ離れてしまい、それに伴って私たちの肉体も精神も常に外の世界にひきづり回され乱された状態なので、「瞑想しよう」と思って座っても心と体の習性はそのままなので、雑念がとまらない、体が動き続けるのは当たり前のことなのです。

3月2日(土)の東京オープンクラスでは、「なぜ今まで瞑想しようとしてもできなかったのか?」「瞑想しようとして陥る障害」「なぜ今私たちに瞑想が必要なのか」に焦点を当てて講義を進めていきます。講義を聴くことで、瞑想への向き合い方に対する心身の姿勢の何がずれていたのかを知り、瞑想に向き合う意識をリセットできる気づきの場としていきたいと思っております。

何年も瞑想を習慣としている人も、瞑想をしたいと思っているがまだ始めていない人も、どなたでもご参加いただける内容です。みなさまのご参加をお待ちしております。

オープンクラス、2日間実践瞑想クラスへの参加お申し込みは下記の参加お申し込みフォームよりお願い致します。

【各クラスのテーマと内容】

3月2日(土)東京オープンクラス「瞑想ができなかったのはなぜか?/瞑想への向き合い方をリセットする」

・マインドフルネス瞑想に脱落する人が多い理由
・なぜ瞑想が必要なのか
・瞑想が迷走にならないために
・瞑想よくある障害

3月21日(木・祝春分の日)2日間実践瞑想クラス1日目「技法としての瞑想/瞑想するための準備」

・瞑想はどんなテクニックなのか
・どうしたら瞑想できるようになるのか
・瞑想に必要な準備

・日常的な意識状態を自覚すること

3月23日(土)2日間実践瞑想クラス2日目「瞑想を生き方に活かす/瞑想実践プラクティスの紹介」

・瞑想を人生の困難に対する最強の克服法にするには
・ビジネス、ライフスタイル、子育て、あらゆる生活のシーンに瞑想を活かすには
・瞑想で意識を高めるには

 

2日間実践瞑想クラス~日常的な意識状態を自覚することから

瞑想の科学は、今から数千年前に始まり、変わることなく受け継がれてきた精神修養です。瞑想とは、日常的な意識の範囲を超えたもので、習うものでも学ぶものでもなく、ただ実践することでのみ体験していくことができる意識の世界です。

しかし、私たちの日常的な生き方の中では、さまざまなネガティブな感情が思考を介して意識の中に入り込んできています。思考が生み出す誤った理解や言動で、自分の本質を見失ったまま生涯をすごしている場合がほどんどなのです。私たち人間に生まれながらに備わっている「無条件の愛」がネガティブな感情や思考によって妨げられてしまっている状態-これが現代人の普通の意識状態である、と言っても過言ではないのです。

瞑想を取り入れて日々の日課にしていくと、次第に怖れや怒り、嫉妬、欲望といったネガティブな感情や思考を客観視できるようになってきます。しかし、そのような日常的な意識状態の中で自分の本質を再発見するためには、健康的な肉体と調和のとれた精神を立て直し、瞑想に適した心身を築き上げていく必要があります。つまり、無意識な思考と感情の暴走状態から自分自身を目覚めさせていくためには瞑想という手段が有効なのですが、そのためにはいくつかの準備段階を経る必要があるということです。これを飛び越えて瞑想に入ることはできないのです。これを知っていきましょう。

瞑想に必要な心身の条件とは

この立て直しの第一歩として、瞑想に必要な心身の条件を知ることが大切になってきます。私たちはいつしか、過度のストレスにも耐えぬく力を身につけ、心も身体も壊れるところまで暴走し、結果心身が壊れた時には時すでに遅しといった状態です。そこまでの状態になっていても、何も気づけない場合だってあるのです。

そのような状態で何の準備もなしに、いきなり瞑想に取り組むのは無謀なことです。まずは、これまでの悪癖を断ち、不健康な肉体と心を改善し、心落ち着かせ、ゆっくりと時間をかけて生活を再調整していく必要があるのです。数年前に流行り始めた断捨離も、その意味では「集中・瞑想」のための環境を整えていく行為の一環ということができると思います。もちろん、日々のお掃除や食事もヨーガの大切な行為です。そのような日頃の積み重ねがあってこそ、次第にネガティブな心の状態に変化の兆しがあらわれ、健康的な思考を選択していく意志が増して、心を一つの対象物に集中させることができるようになっていくからです。

瞑想を行っていくためには、まずネガティブな心身の状態を客観視できるようになることが大切です。コロコロ動く心の迷いは瞑想の障害であり、心を穏やかに保つためには日々の練習が必要なのです。ですから、まず瞑想を始めていく前に、これらの障害物が自分に在るかどうか、そこに気づく作業が必要なのです。思考の波を静める練習をすれば、瞑想に適した心身の条件が揃い、心を一つの対象物に集中させ、自然に瞑想の状態に入っていくことができるようになります。

瞑想の障害となるもの

瞑想の障害となるものを挙げておきます。自分の心、エゴの習性を客観的に観るのに役立ててください。

① 二極に偏った心
他人や物事に遭遇した時、あなたの心はどう反応していますか? たいていは好きか嫌いか、良いか悪いかといった二極の判断をしています。これが心を動揺させる原因になります。なぜでしょうか? 心にとっては、好きも嫌いも同様に苦痛をもたらす原因です。好きと嫌いは表裏一体なのです。ある物を好きになれば楽しくなり、その感情を味わうためにそれを追い求めます。それが手に入らないと、落胆を味わいます。好きの度合が大きいほど、それを失った時の苦痛も大きくなるのです。

好き嫌い、快・不快といった感情も、その感情の原因となった対象物にあるのではなく、そう感じる自分の心の中にあるのです。感情は癖になりやすく習慣化します。ある物を見て同じ反応をとり続けると、さらに強化されて条件反射となります。感情からわき出る言動は、心身の状態を不安定にさせ、瞑想の集中を妨げる原因となります。

② 怒り
怒りは、瞑想の最大の障害となる感情です。精神・肉体の両方にダメージを与えます。怒りは、繰り返されるほど強くなり、それが習慣になるとコントロールするのが困難になります。苛立ちが表れたら、怒りに支配される前に注意を他のものに向けます。別のことをしたり、体を動かすことも効果的です。衝動的な言動をとらないように心を訓練しましょう。

③ 恐れ
恐れは全ての感情の中で、心身を最も衰弱させるものです。常に不安や悩みを抱いていると、肉体に注がれるエネルギーが奪われ、不健康になります。自信がゆらぎ、心身の抵抗力が減退して病を引き起こしかねません。恐れは激しい妄想や先入観の結果です。孤独の恐怖、人間関係の恐怖、病の恐怖、死の恐怖など、様々な形となって表れます。現実を自分の思い込みや偏見で理解しないように、常に真実に目を向けている努力をしましょう。

④ 憎しみ
怒りや恐れと同じように、憎しみは瞑想の障害となります。憎しみは憎しみを生み、心の奥深くに根を張る習慣があります。軽蔑や偏見や人を欺くことも、憎しみからやってきます。悪口、非難、批判は、憎しみがさらに陰湿なエネルギーとなって表れたものです。心の平和を確立できるのは、憎しみや偏見が愛に変わった時です。

⑤ 過去にこだわる
瞑想しようと目を閉じたとたん、過去を思い出す時があると思います。記憶には、今に生きる力を低下させる働きがあります。この力が強すぎると、瞑想に集中することは困難です。過去の出来事を思い返すほど、今に生きることを妨害します。意識的に今に生きる努力をすることで、記憶に縛られない生き方ができるようになります。

2日間の実践瞑想クラスの特徴

今回のオープンクラス、実践瞑想クラスで瞑想指導を担当していただく畠山桂子先生は、通常これらの内容に関する指導を個人指導というスタイルでしか行っていません。瞑想できない人を瞑想できる心身にまで準備を整えていく過程は、千差万別個人的なものであり、何よりも指導者側の繊細な洞察力と指導力が必要とされるものだからです。前述したように、大方の情報が「瞑想による効果」に偏っている今、今回のようなテーマと切り口でお話を伺えることはとても貴重であり、瞑想を人生に取り入れていく以上誰もが知っておく必要がある内容ではないかと思っております。

私たちに今必要なのは、エゴをなくそうとすることより、頭の中の声が発する疑念を静視できるようになることです。抱えている苦しみを克服するためには、エゴと戦うことではなく、頭の中の声をものともしない姿勢を自分自身に確立することです。自分の頭の中の声を静視することーこの強力なインナーパワーが備わっていなくて「瞑想」の効果だけを手にすることはできません。ここに目覚めなければ、私たちの人生は、スピリチュアルという名に覆い隠された実体のない情報に翻弄されるだけの無駄骨に終わってしまいます。気づいていきましょう!

with Vaststillness
平山 由紀子

*******************************************************************************************

地球人のためのスピリチュアルレッスン2019年3月東京オープンクラス、及び2日間実践瞑想クラス開催
【3月東京オープンクラス】
開催日時:2019年3月2日(土)13:30 ~16:30
テーマ:「瞑想ができなかったのはなぜか?」瞑想への向き合い方をリセットする
場所:かつしかシンフォニーヒルズ 別館 メヌエット
受講費:5000円

※今回のオープンクラスは、3月21日(木・祝日春分の日)3月23日(土)に開催する2日間実践瞑想クラスへの導入を兼ねています。1日だけの受講ももちろん可能ですが、これらの3日間を通しで受講していただくことで、瞑想に向き合う意識を見直すこと、自分自身の内側に揺るぎない礎を定めていくための軌道修正がなされていくプログラムとなっています。

【2日間実践瞑想クラス】
開催日時:2019年3月21日(木・祝春分の日)3月23日(土)各日13:30~16:30
テーマ:1日目「技法としての瞑想/瞑想するための準備」
2日目「瞑想を生き方に活かす/瞑想実践プラクティスの紹介」
場所:かつしかシンフォニーヒルズ 別館 ローレル
受講費:各日7500円

指導者:畠山桂子(ヨーガ専任講師)、平山由紀子(地球人のためのスピリチュアルレッスン主宰)

3日間全クラス受講費 17000円

※お支払い方法:1日単位でのお申し込みの場合は、当日会場にて受講費を集めさせていただきます。2日間実践瞑想クラス、3日間全クラス受講をお申し込みの方は事前お振込みをお願い致します。振込先はお申し込みをいただいた後の返信メールにてお知らせいたします。その場合の欠席・キャンセル料に対するご返金はありませんので、ご理解ご了承のほどどうぞよろしくお願い致します。

※アクセスはこちら かつしかシンフォニーヒルズ

※オープンクラス、2日間実践瞑想クラスへの参加お申し込みは、下記お申し込みフォームよりお願いします。

お申込み

お名前

メールアドレス

メールアドレス(確認)

電話番号

お申し込みクラス
2019年9月29日(日)東京オープンクラス

メッセージ(任意)

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

You May Also Like
Read More

瞑想をする前に・・・J.クリシュナムルティ

瞑想は目的のための手段ではない 「瞑想」について思い巡らす時、今から15年から20年位の間に一番瞑想(迷想?)していた頃を思い出します。子どもたちを寝かせた後一人部屋に閉じこもり、電気を消してろうそくをつけ、ホワイトセー…
Read More
Read More

「瞑想」がエゴの「迷想」にならないように ルパート・スパイラ

1年ちょっと前にアップしたルパート・スパイラの動画「瞑想がエゴの迷想にならないように」をブラッシュアップして再度アップロードしました。 「瞑想」がエゴの「迷想」にならないように これもまた、言葉のトリックも関係しているの…
Read More
Read More

今に生きるとは?ルパート・スパイラ誘導瞑想

「今ここ」に生きるとは? 「今ここ」に生きるという言葉と教えが出回るようになって、本質的な「今ここ」を取り戻して生きられるようになった人がいる一方、「今ここ」にさまよい始め、ますます混乱し、思考の中の「今ここ」に逃避行し…
Read More