善と悪は幻想 ラム・ダス

良い出来事、悪い出来事・・・それらが個人的相対的なおかつ一時的な見方だということは、今回の動画のように、簡単な例え話を使って教えられることがよくあります。実際、自分の人生に起こった出来事をざっと振り返ってみても、良い出来事と思ったこと、悪い出来事と思ったことは、後になって思い返すと逆転して見えたり、イイも悪いもなく単なる出来事になっていたりすることは、誰もが体験していることだと思います。

農夫の「それはどうかな?」という対応は、起こった出来事に対して「善悪」の判断を下さないニュートラルさ、さらには、物ごとは思考で計り知ることのできない入り組んだ崇高な秩序によって起きているということをどこかで感知し、信頼している農夫の在り方が感じられてきます。

ただ「善と悪は幻想」とは言え、「何でもかんでも秩序なくやっていいんだ」というのは誤解であって、一瞬一瞬の判断はその時々、自分が正しいと思ったことを言動に移して行くのが魂の成長にとっての良き道だと思います。

瞬間瞬間に起こっていることは、宇宙エネルギーの表現にとって「それしかあり得ないもの」。有り難いことです。

2 comments
  1. お久しぶりです(*^^*)

    「人間万事塞翁が馬」ですね。

    私が一番好きな言葉です。( ̄ー+ ̄)キラーン

    何事も、どう展開して行くのか、
    眺める余裕が必要ですね。

    有り難うございますm(__)m

  2. YONGさん、こんにちは!

    今日もまさに
    「なんてこった!」と「なんか得したね!」みたいなことが立て続けに起こりました。
    一時的にそう思ったにせよ、そこに捕らわれず、サラッと淡々と何事もなかったかのように捉えられていることが、なんだか楽しいです☆

    いつもありがとうございます~

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

You May Also Like
Read More

夢から目覚める~宇宙意識で生きる ディーパック・チョプラ

「目覚め」とは、文字通り「寝ている状態、夢の世界から目覚めること、起きること」。しかし、「スピリチュアルな目覚め」となると、さらに「起きている状態」からも目覚め、「常に目覚めている魂」の領域から人生を生きることを意味する…
Read More
Read More

悟ったらどうなるのですか? エックハルト・トール

スピリチュアルな探求・・・その動機は何か? 今回取り上げた動画では、「悟ったらどうなるのですか?」という質問に対して、エックハルトはエゴの性質、特にエゴの習性的動機について説明しながら、スピリチュアルな探求の方向性の軌道…
Read More
Read More

ペインボディの認識から宇宙的ミッションへ エックハルト・トール

「ペインボディ」への認識を深める エックハルト・トールの「ニューアース:意識が変わる、世界が変わる」の第5章から登場する「ペインボディ」。この動画でも、まだ「ペインボディ」に対するおおまかな要点しか触れられていませんが、…
Read More
Read More

苦しみの終わり エックハルト・トール、サダグル、ムージ

 今「苦悩の海」から跳躍する時! 2017年夏も、種々雑多な「稀な現象」と共に猛スピードで終わろうとしています。私たちを取り巻くこのエネルギーの変化と加速は、今まで長い間多くの人が捕らわれてきた「思考重視」の世界をも強制…
Read More
Read More

カルマと恐れを手放す ドロレス・キャノン

ドロレス・キャノンの動画『カルマと恐れを手放す』に字幕を付けてみました。 カルマというのは、時代を経てさまざまな思い入れや思い込みが織り込まれてきた言葉なので、一言でにカルマとは何かを定義するのは容易なことではないと思い…
Read More