ロード中...
現在地:  ホーム  >  未分類  >  閲覧中の記事
地球人のためのスピリチュアル・レッスン オープンクラス開催 2017年11月23日(木)

アラン・ワッツ~『お金が目的でなかったら、キミは何がしたいのか?』

2013年6月11日  /  コメント無し



今回取り上げたアラン・ワッツの動画『お金が目的でなかったら、キミは何がしたいのか?』は、
誰もが一度は直面したことのある状況ではないかと思います。

「したいこと、やりたいことをして生きたらいい」と言われても
「それじゃぁお金にならない、生活できない」と即座に思考が回り始めてしまう。
社会の大半がやりたくないことだと感じていても、惰性的にストレスをためながら毎日を積み重ねている。
理由はみな同じ「お金が無ければ生活できない」
みな似たような状況です。

今日のアラン・ワッツは
Forget about the money. That’s Stupid! That’s waste of your life!

お金のことは忘れろ!馬鹿げたことだ!
お金のために人生を生きるのは、完全に人生の無駄だ!
と言い切っています。
さらに彼の口調が相まって、「今この瞬間に」人生、生き方の見直しを迫って来るようなパワフルさがありました。

今回のテーマは、誰もが一度は考えたことのあること・・・
それを今一度しっかり、じっくり見なおしてみるきっかけとなるのではないか・・・と思います。

テーマ:
『お金が目的でなかったら、私は何がしたいのか?』
What do I desire if the money was no object?

【動画スクリプト】

あなたが望んでいることは何か?
あなたがたまらなくしたいことは何か?
どんな状況を望んでいるのか?

例えば・・・私はよく学生の進路相談にのることがある。
学生は「そろそろ卒業なのですが何をしらた良いのかわからないのです」と質問してくる。
そこで私はいつも『もしお金が目的でなかったらキミは何をしたいのか?』と質問している。
「何をしてキミは人生を楽しみたいのか?」

すると面白いことに、今の教育をうけた若者たちは「画家になりたい、詩人になりたい、作家になりたい・・・
でも、それではお金は稼げない」と誰もが口をそろえて言ってくるのだ。
またある学生は「馬に乗ったりしてアウトドアな生活をしたい」という。
私は「キミは乗馬学校で教えたいのか?」「何をしたいのかもっとよく考えなさい」と聞き返す。

ついに何がしたいのかを掘り下げていってそれがわかったら
私は学生に向かって「それをしたらいいそして、お金のことは忘れるんだ」と言っている。
なぜなら、もしあなたが「お金を得ることが最も大事なことだ」と言っているとしたら
あなたは完全に人生を無駄に過ごしていることになるからだ。
生き延びるためにしたくないことをしてお金を稼ぐということをしていれば
それをやり続ける人生になるからだ。
それは実に馬鹿げたことだ!
そんな惨めな状態で長生きするより短い人生でも好きなことをやって過ごしたほうがまだマシだ。

結局のところ、なんでもいい本当に本当にやりたいことをして人生を生きていたら
きっといつの間にかそのことの達人になっているだろう。
それをやり続けるのが達人の在り方だ。
そうしたら、そんなあなたにお金を払う人も出てくることだろう。
だから何も心配することはない。
だれか必ず興味をもつ人が出てくる。
あなたのやっていることに興味を示してくる。

しかし、自分がしたくないことをして人生を過ごすなんて実に馬鹿げたことだ!
自分のしたくないことに人生を費やし
それを子どもたちにまで同じような道を辿るように教え受け継がせているのだ。
だから、自分のやっていることをよく見直すことだ。
もし子どもを育てているのなら、自分と同じような道を歩むよう教育していないかどうか
人は、自分を正当化しようとするために充実した人生を送ろうとしていながら
同じようなやり方で子どもたちを育てているのだ。

まさに吐気がするのにいつまでたっても吐き出せない状態で生きているのだ。
だから、この質問にじっくり取り組むことがとても大切なことになってくるのだ。

「私は何を望んでいるのか?」


by Alan Watts


この後に読まれている記事

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です