今をあるがままに受け入れる~エックハルト


【動画スクリプト】

「今」につながる大切な扉、入り口となるのは、一般的にみなさんが「辛い状況」と思っていることにあります。
その状況を、自分を目覚めさせてくれるものとして、
今この瞬間にあることを100%受け入れるための状況として捉えてゆくのです。
その状況は、大きなこととして、あるいはであれ小さなこととしていずれやってきますから、
そのチャンスにはすぐに気がつきます。
もしあなたが、このチャンスに気づかず、魔法の処方箋も思い出さなかったら、
あなたはそのチャンスは見逃す事になりそこから無意識の反応に引きずられていくのです。

そうなった時でも、目覚ることは可能です。
無意識の反応をした自分に気づいて「これはヒドイ、これから何が起こるんだろう」
と頭が喋り始めているのに気づき、ヒドイ状況が不平不満を言っていることに気がつけば、
それに気づいた時点でもあなたは目覚めることができるのです。

マインドを観察し目覚めた状態になることができるのです。
目覚めた状態「あるがまま」の状態からそこにある「恐れ」を見てみるのです。
その状態になってからでも魔法の処方箋は適応させていくことができます。

あなたは最初のチャンスは逃して「恐れ」の状態になったけれど・・・
最初のチャンスは「すべてをあるがままに受け入れる」というものでした。
でもそれはできなかったのです。

でも第2のチャンスとして、そこに「反応」が出てきました。
でもそこで「あるがまま」を受け入れるということを思い出したら、
その時の「あるがまま」は「反応」です。 反応のひとつとして感情が現れてきたのです。
そこでできることは「すべてをあるがままに受け入れる」という魔法の処方箋を適応させていくことです。

その時の「あるがまま」=「恐れ」です。
だから「恐れている状態」の自分を「あるがまま」に受け入れてみるのです。
そうしたら「恐れ」が魔法にかかったかのように変容していくのがわかるでしょう。

その状態は自分が望んでいるものではないということもわかってくるのです。
あなたはそこにスペースを取り込んで、その状態の受け皿として、スペースとしての自分になるのです。

by エックハルト・トール

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

You May Also Like
Read More

エックハルト・トール~「思考と感情に捕われていないか?」

ようこそお越しくださいました。 あなたは「今」ここにいます。どんな経緯でここに来たにせよ、あなたは「今」そこに座っています。まず、「今」ここに座っている自分を感じてみることから始めてみましょう。「今」考えていること、感じ…
Read More
Read More

さとりのためにすること~サダグル

【動画スクリプト】 さとりを開くために何をすべきか・・・ 何度も言いますが、さとりとは達成するものではありません。 さとりとは、絶頂に至ることではありません。 さとりとは故郷に帰ることです。 あなたの本質に返ることです。…
Read More
Read More

バシャール~『エゴとの付き合い方を学ぶ、エゴに感謝』

バシャール エゴとの付き合い方を学ぶ 協力的パートナーであるエゴに感謝 今回選んだバシャールセッションは、本質に目覚めて生きる過程において誰もが向き合っていくことになる「エゴ」についてです。バシャールはいつもながらの独特…
Read More
Read More

ニール・ドナルド・ウォルシュ~「必要の幻想」と「恐れ」について

今回は普段よりちょっと長めの動画にチャレンジしてみました。 ニールの語りもとても落ち着いていて、内容・メッセージ的にもわかりやすく、 誰にとっても気づきのキッカケになるのではないか~と思いセレクトしてみました。 「恐れ」…
Read More