ロード中...
現在地:  ホーム  >  スピリチュアル・レッスン  >  スピリチュアル・メッセージ  >  閲覧中の記事
地球人のためのスピリチュアル・レッスン オープンクラス開催 2018年2月18日(日)

日本人の純粋なスピリットを目覚めさせる時!

2014年9月15日  /  コメント無し


世界を駆け巡るヨーガ

地球人のためのスピリチュアル・レッスンでは、今まで何回か合宿・リトリートを開催してきましたが、今回のリトリートは初めて「ヨーガ」という広大無辺な可能性の叡智を中核にしたスケジュールを組んでいます。インド発祥のヨーガですが、この叡智はパラマハンサ・ヨガナンダ大師を始め、多くのヨギたちマスターたちが西洋各地で広めた時代を経て、ここ20年くらいで、西洋からUターンする形で日本を始め東洋の各国にも広く知れ渡り、その存在が受け入れらるようになってきました。

とは言え、日本では80年代後半から90年代にかけてオーム真理教が発展したこと、その団体による地下鉄サリン事件などが大きな問題となりクローズアップされた経緯から、ヨーガというものに、一種危ない新興宗教のようなイメージが強く根付いてしまい、神聖なる宇宙音「オーム」も簡単には口に出せないような時期もありました。しかし、「ハリウッドで流行っていること」には敏感でオープンな日本人ですから、ハリウッドスターたちが瞑想し始めたとか、アメリカ人がパワーヨガでシェイプアップしたり、それが精神修行にもなっているらしいと情報され始めた頃から、ヨーガに対する怪しさは徐々に消えてなくなっていったのです。

そのように世界を駆け巡ったヨーガがアメリカ経由で日本に入ってくると、怪しさを回避するかのように軽く明るいイメージでフィットネスとしてのヨーガが普及し始めました。当然の如くフィットネスクラブでは、ヨーガのスピリチュアリティーにまで触れることはご法度で、できるだけ”宗教”ぽくならないように健康重視の位置づけでヨーガは捉えられることになりました。

つまり、この国では社会全体に神国日本人のスピリットを目覚めさせないようにする仕組みが張り巡らされ、日本人は特有の気高い精神を持ちながらも、その精神が封印されたままになっているのです。精神世界の発言や活動は、ちょっと間違えば簡単に”怪しいもの”とされ、あまり深入りしないほうが無難だという風潮が根付いているのです。

日本人の純粋なスピリットを目覚めさせる

今回のリトリートでは、この辺りを一歩踏み込んで「日本人の純粋なスピリット」を目覚めさせるツールとして「ヨーガという叡智」に触れ、日本人としての生き方を見直し、立て直していく機会としていきたいと思っています。この地球規模の意識の変容の時代において、日本人として生まれてきた私たちには想像を絶するミッションがあり、日本人の意識の目覚めが地球人の意識の目覚めに大きく影響するということを自覚していきたいのです。私たち日本人は、ヨーガも含め、海外からさまざまなものを取り入れ身につけようと頑張ってきたのですが、実は私たち日本人のスピリットには、和を尊ぶ生き方もスピリチュアリティーも精神性の現れである芸術も、それを生み出す自然 界への畏敬の念も、すべてすでにその基盤が備わっているのです。

これは精神世界にとってもパラドックスなのですが、外に、外国に素晴らし いものがあると思いがちな私たちですが、外から学ばなくても、すべては日本という国の中に備わっているのです。そこを忘れてはならないのです。ただ、気づきのプロセスの中で外的なものから教えられること、気付かされることはたくさんあります。

ですからその意味でも今回、日本の象徴である富士山を目の前に集えることになり、本当に有り難いことだと思っています。目覚めた意識で、地球と宇宙をつなぐ霊峰富士のエネルギーに包まれて、自分のルーツである豊かな日本人スピリットを目覚めさせ、責任を持ってお互いに尊重しあい、謙虚に生きていく姿勢を共に再確認していきたいと思います。

今回のヨーガ・リトリートは、そのような姿勢で取り組んでいきたいと思っています。参加者のみなさま、どうぞよろしくお願いいたします。また、若干の空きがありますので、今からでも参加は間に合います。是非ご連絡ください。お待ちしております。

いつもありがとうございます感謝☆合掌

ヨーガ・リトリート詳細はこちらから
https://vaststillness.com/yoga-retreat/


この後に読まれている記事

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です