ロード中...
現在地:  ホーム  >  スピリチュアル・レッスン  >  今ここに生きる  >  閲覧中の記事
地球人のためのスピリチュアル・レッスン オープンクラス 2017年9月23日(土)

エックハルト・トール『ストレスなく生きるには?開花する人類の意識』

2015年5月11日  /  3コメント


ストレスなく生きるには?開花する人類の意識

今日は、エックハルト・トールのDVD(日本未発売、発売予定なし)The Flowering of Human Consciousness(『開花する人類の意識』)からハイライト部分を抜粋したものをご紹介します。今回また久しぶりにじっくりとエックハルト・トールの字幕に取り組む中で、この「現れては消える形ある現象の世界」で表現させていただきながら、その根底深くに流れる静寂にわずかながらも光が差したことは、本当に有り難いことだと感謝しています。

人生に起こる「目に見える現象」に右往左往して、また一喜一憂する私たちは、とかく「利己的な自分の力」で、なんとか自分が思うような花を咲かせようとしがちです。それはかなりストレスのかかる人生です。あまりの難行苦行にお手上げ状態にもなっても無理はありません。しかし、開花にストレスはご法度です。あるがままの今をまるごと受け入れ、その背後にある静かな空(くう)が自然に自由に開花していくように・・・祈りとともにお届けします。感謝☆合掌

私とは「今そのもの」=「静寂そのもの」

fields-of-flower-hd-wallpaper-for-backgroundただ人生を過ごすのではなく、次々起こってくる出来事に反応して生きるのでもなく-新しいこと、思考、感情、出来事、人々、場所あなたの周りの環境は常に変わるものです。それらはみな「内容物」に過ぎません。それら「内容物」に反応するのではなく、「内容物」はあるがままにさせて気づいていくのです。「気づく」と言ってもただ、今現れている出来事に捕らわれていることに気づくだけでなく、「今そのもの」に気づき始めていくのです。今現れている現象を超越した「今そのもの」に気づいていくのです。それが驚異的な意識の変容なのです。

では「今そのものに気づく」とはどういうことなのでしょうか?それは、すべての現象の根底に流れる静寂に気づくということです。その静寂を感じ取るのです。感じるというのも正確にはちょっと違います。自分がその静寂そのものであると気づくのです。一度その自分に気づいてしまうと、自分とは深く根底に流れる静寂そのものなのだと気づくと、問題だらけだった世界がそうではなくなってしまうのです。

反応なく過去を「今」思いだす

自分自身が静寂そのものだとわかった瞬間、あなたの人生に起こることが、それがどんな内容であっても、あるいは、あなたの頭の中でどんなストーリーが廻り始めたとしても、どれもすべて問題ではなくなってしまいます。それは単に「私の作ったストーリー」に過ぎず、そこにもう自分を結びつけなくなるのです。もちろん、物理的なアルバムや頭の中のアルバムはそのまま残こります。それらは確かに自分に起こったことです。でも、ただそれだけのことなのです。

あるいは、最近の人はビデオに録画したりしますから、あなたにもそんな記録が何本かあるかもしれません。2年前、5年前、10年前の記録です。これは最初の妻と一緒に写っている私、これは2番めの妻と一緒に写っている私、これは3番目の妻で・・・。だからと言って「これはみんな幻想だよ」と言うようになるわけではありません。それらは実際起こったことです。でもあなたは、「今ここ」で思い出した過去の出来事に対して、反応的な態度を示すことがなくなるのです。思い出すということも「今ここ」でしか出来ません。過去のことが「今」この場で思い出されたのです。

でも、あなたはもうそれらを思い出しても個人的に受け止めないし、出来事に反応したりもしないのです。また、前妻や前夫に反応している自分を見つけることともしないのです。これはひとつの例です。「あの時夫はああ言った。妻はあんなことをした。絶対忘れないぞ」などといった過去のストーリーはなくなります。それらは単に過去に起こった出来事です。そこに「私」はいません。出来事に自分が一体化されていないのです。一体化するための「私」も必要なくなるのです。

恐れなき人生の始まり

Stress-Freeまた、未来にも問題はなくなります。もちろん、色んな意味で未来は必要です。未来を否定する人もいません。でもあなたは、将来のどこかに自分を見つけ出そうとすることはなくなります。未来に自分を見つけることは出来ません。だから、未来にも問題はなくなります。未来に恐れを抱くこともなくなります。約束事に対しても恐れがなくなります。約束はします。来週の計画を立て取り組んだりもします。1年後の計画、約束をしたり、これからすること、未来の予定を立てることはします。でもそこに捕らわれることなく計画するのです。努力なく、淡々とただ行動するのです。精一杯努力して頑張るのではありません。

「努力」というのは、そこに自分というものを確認したいという力が入っているものです。自分というものを確認したい時、人は努力するのです。そこには無理がありストレスもかかってきます。でも、それがなくなれば人生はシンプルになってきます。だからと言って、チャレンジすることがもう来なくなるといっているわけではありません。もちろん、チャレンジすることはやってきます。素晴らしい体験です。でも「今」だけのチャレンジはシンプルなものです。

「今」この場にそんなに大それたことがやってくるわけがありません。それに「今ここ」取り組むだけのパワーは十分にあります。どんな出来事が現れても、あなたが受け入れれば、あなたの中からそのチャレンジに取り組むだけの大いなるパワーが即座に現れてきて行動にも移せるのです。緊急事態が起こった時、このようなことを体験する人がいます。火事場の馬鹿力というものです。でも彼らに「なぜそんな勇敢なことができたのですか?」と聞かれても、その瞬間に思考は働いておらず、大いなる力が自分の代わりに働いただけなので、みな口を揃えて「なんだか自分でもわからないけど、できたんです」と言うのです。彼らは自分が大それたことをしたなんて思っていないのです。そこに自分が関わっていないからです。

常に変化する形ある世界に捕らわれずに生きる

あなたの全人生がそんな感じであることも可能です。シンプルに、連続的にあなたの意識を「今ここ」この場、この場そのものに住まわせていくのです。そして、この世に起こることをあるがままに起こさせておくのです。それでよいのです、素晴らしいことです。形あるものは、あるがままに行ったり来たりさせておくのです。形あるもので、長く留まるものは一つもありません。形あるものはすべて出ては消え、それを繰り返しているのです。出てくるものは出させておくのです。あなたは、あなたの周りで戯れる形を楽しめばよいのです。

そうなったら失うことへの恐れもなくなります。なぜ失うことへの恐れを抱くのか?それは、あなたが、あるもの・あることに自分を結びつけているからです。だから、それを失ったらどうしよう、「私」の一部を失ったらどうしようと、そこに恐れが生まれるのです。物理的なものを失う恐れ、どんな恐れでも同じです。その恐れが終わります。人類が、これ以上恐れに支配されないで生きることができたら、どんなに奇跡的な変容となることか!計り知れないのです。どんな時も喜びをもってイキイキと生きることができるようになるのです。どんなことが起こってもそう生きられるのです。なぜなら、出来事・現象はそれほど重要なことではなくなるからです。それらは形あるものに過ぎないからです。

「利己的な私」不在の現実創造

tumblr_nd3272awtJ1s6taa7o1_500形あるものの生命は短いものです。それらは単に目に見える現象の戯れに過ぎません。宇宙が形を使って遊んでいるのです。意識が形あるものを使って戯れているのです。それらは自由に遊ばせておけばよいのです。そして、あなたもその形あるものの遊びに一緒に参加していればよいのです。自分を押し出さなくても現実創造は出来ます。そうなった時、あなたの創造は美しいものとなります。でも、あなたが自分を押し出して利己主義に創造しようとすると、そこにネガティブな地場を創り出してしまうのです。「私にはこれが必要だ、これが欲しいこれがなくてはダメだ」「これがなければ自分には価値がないこれは失うわけにはいかない」。するとそこに競争が生まれ、人と戦わなくてはならなくなります。「彼のほうが先に手に入れてしまうかもしれない」と。私たちの文明社会を創りあげているこれらすべてのことが終わっていくのです。

意識のパワーがあなたという存在を通して沸き起こり、何かを創造したがっているのです。意識が何かを創造しようとしているのです。それが何かは誰にもわかりません。それをあなたが今知る必要もないのです。創造したいように、溢れ出るままに創造させておけばよいのです。そうなったら、あなたの人生に残されるものは「シンプルな今この瞬間」だけになるのです。それはいつでもどこでもとてもシンプルなものです。あなたが過去や未来に自分自身を見つけようとしなくなれば、あなたは「今この瞬間」を大切にすることが出来ます。心から「今この瞬間」を大切にして生きることが出来るようになります。

「今この瞬間」こそが人生・生命人生・生命が表現しているものだからです。「あるがままの今」をまるごと受け入れるのです。「これがあるがままの今なのだ」。今をまるごと受け入れることによって、あなたは形あるものの周りに「空間」があることを知るようになるのです。これが今、人類に現れ始めている新しい意識状態なのです。

by エックハルト・トール The Flowering of Human Consciousness(「開花する人類の意識」(仮題)からの抜粋)


この後に読まれている記事

3コメント

  1. asasuko より:

    どこまでも永遠で
    どこまでも無限で
    どこまでも当たり前
    のお話に感じられました。
    だから難しいようで簡単だし簡単なようで難しい。
    それは究極的にシンプルなことだから。

    ともあれ ありがとうございます。
    由紀子さん、エックハルト。

  2. yukiko より:

    asasuko~おはよう!

    コメントの文面から、なんだか成長して落ち着いたアサスコの姿が見えてきました。
    野望と現実の狭間で揺れ動いていたイリュージョンの世界が、ちょっとずつ「今」に返ってきている感じだね☆

    存在しているだけで調和のエナジーを解き放つアサスコの存在に感謝☆
    いつもありがとう~

  3. 布目 やす代 より:

    いつもこちらのサイトで気づきをもらっています。

    どうしようもなく出来事に振り回されているところ、落ち着きたくて動画をみました。

    静寂そのものの自分を感じられて、すごく楽になりました。

    どうもありがとうございました。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です