人も自分も責めないこと! エックハルト・トール

「今ここ」は時間とも空間とも関係がない

「どうしてこんなに苦しいんでしょう?」はるばる遠方からクラスにやってきたNさんが声を出して自分の気持ちを表してくれました。今までの人生の出来事はどの時期を振り返ってみても、ネガティブな思考と感情で一杯で、それが自分ではないと気づいた後も、その時の苦しみや辛さが波のように襲ってくるというのです。

だからといって、時には、今に在る自分を取り戻して愛と平穏に包まれることもあるし、ようやく一条の希望の光が差し込んできたようにも感じる、という。でも、もうこれ以上自分を憐れまず、責めずに、今に根を張って生きたいのです・・・と。でも、私たちは今に根を張って生きられるものなのでしょうか?

「今ここ」という言葉を聞いた時、ほとんどの人は「今」は時間を表し、「ここ」は空間を表すと自動的に解釈すると思います。だから、「今ここに生きる」ということは、「今この時間にこの場所に生きること」「この瞬間していることにフォーカスすること」と誤解されがちなのです。だから「時々は今ここに生きれているけど、そうでない時がある」という思考が働くのだと思います。でも、スピリチュアルな教えの中で頻繁に現れる「今ここ」は、時間とも空間ともまったく関係がないのです。今に集中することでもないのです。「今ここ」はイコール「私たちの本質そのもの」なのです。

「今ここに在る意識」「意識としてのあなた」という言葉は、今回の動画にも何度も出てきました。その「意識」は、あなたが「今ここに生きている」と感じている時もそうでない時も常に静寂に在る「私たちの本質」です。だから、「今に根を張って生きたい」という思いは、思考の作り上げた「今ここ」(時間と空間)に迷い込んだ時の妄想なのです。

そんな彼女とのやり取りがあり、今回のエックハルト・トールの動画をアップしてみました。人も自分も責めず「今ここに在る意識」を見失わずに生きること!私からは「今ここにある意識」と共に、この動画をプレゼントしたいと思います。

with love and stillness,
yukiko

無意識だった頃の自分を責めないこと

img_95211子育てをしている最中は完全に無意識だったという人たちにたくさん出会ってきました。彼らは自分がしてきたことを振り返り、罪悪感を強く抱いています。それもわからなくはありません。でも今は「意識」があります。

子どもたちにとっての試練は、あなた達を両親に持ったことです。それが人生の与えた境遇です。人生というのは、常に何らかの形であなたに制限を与えてきます。究極的に見ればそれはよいことです。人生はあなたに何らかの形で制限を与え、その制限の一つに「あなたの両親」があるわけです。

私の場合もそうでした。私の両親は争いが絶えず、罵り合い、時には家庭内暴力もありました。その状況に生まれたのは私の宿命だったのです。子供の頃の私は、ひと時も穏やかではありませんでした。しかし、これらすべての状況が「目覚め」の体験を引き起こしたのです。すでに子どもの頃から苦悩があり、それから鬱になり、不安になり不幸になっていったのです。これらすべてのことが「目覚め」に導いたのです。ですから、それはそれでよいのです。

ですから、あなたの子どもたちにとっては、あなたが彼らの父、母であることは宿命であり、また、あなたが無意識に振舞っていたことも、あなたの運命だったのです。あなたが選んでそうしたわけではなかったのです。あなたはあなたの両親から制限を受け、あなたの両親は、またその両親から制限を受けてきたのです。彼らはイギリス、イタリア、ギリシャの小さな村で生きる中で無意識に行動し、今度はあなたが同じことをニューヨークで繰り返しているのです。彼らは無意識と一緒に海を渡ってきたのです。自我を置いてくることなく、自我と共に移民してきたのです。

「意識としてのあなた」が現れる

ですから、自分を許すということは、その自我は自分でないと知ることです。それは本当のあなたではなかったと知ることです。もし、あなたがそれに気づき、今それを手放しているとしたら、それこそがあなたがこの世界に貢献できるもっとも偉大なことです。あなたは自分ができる範囲で子どもたちを助けていけばよいのです。それは、今までの自分の反応的な態度を埋め合わせするためではありません。当然あなたは、行き先々であなたにできることをしていきます。でも、あなたができることで人類に貢献できる最も偉大なことは、あなたが「今に在る」ことです。それは相手が誰でも構いません。

彼らに「今に在る」というプレゼントを渡すこと、これこそが本当のプレゼントなのです。今にいるあなたという人ではなく「意識としてのあなた」をプレゼントするという意味です。それがプレゼントであり、そこから沢山の癒やしが起こってきます。あなたは無意識にいろいろなことを引き起こしてきましたが、それはあなたのせいではなかったのです。人類の無意識です。あなたが引き起こしたという表現も、正確には間違っています。意識としてのあなたが不在の時に、無意識があなたを通して現れていたのです。

でも今は「意識としてのあなた」がいます。なぜなら、あなたは「今ここに在る意識」だからです。「〇〇をした私は馬鹿だった」と言うことも間違っています。それがあったからこそ「今ここに在る意識」としてのあなたが今、この世のために力強いものとなって存在しているのです。もしあなたが、自分の子どもを助けることが出来ないのなら、他人を助ければよいのです。ですから、罪を感じることはないのです。あなたのマインドと感情が強かった時起こったことだからです。

「人を責める、自分を責める」この両方をやめること!

罪悪感は捨て去らねばなりません。人を責めること、自分自身を責めること、自分をダメだと感じること、両方です。どちらも乗り越える必要があります。人を責めること、自分を責めること両方共、解放していく必要があります。「あの人はこうだ、私はこうだ」と責めることを始めた途端、マインドの世界に入ってしまうからです。「私はダメだ、私が悪い」「彼らはダメだ、彼らが悪い」・・・。

あなたの責任は(責任という言葉を使うとしたらですが)この瞬間のあなたの意識状態にあります。あなたの責任は、今ここに意識があることです。あなたが責任を取れるのは「今ここに在ること」だけです。過去に起こったことは一つもありません。そこに責任を取ることはできません。今に在る意識にだけ責任を取ることができるのです。それが人生において本当の意味での責任です。あなたは責任をとっていると言えます。あなたが「今に在る意識」であれば、過去を修復し、癒していくことも出来ます。

by Eckhart Tolle

7 comments
  1. yukikoさん こんにちは。いつもありがとうございます。

    今回のyukikoさんからのメッセージを読み、それから動画を見ながら、エックハルトさんのいつもの優しい雰囲気と言葉にウキウキしながら観ていくうちに、だんだん胸の奥の方からこみ上げるものを感じ始め、さらにそれがどんどん大きくなっていって溢れてきたので、結局途中で動画を停めてひとしきり号泣してしまいました。(そのあと落ち着いてからもう一度最後までしっかりと観ました笑)

    言葉にしてしまうとどれも適切に表現できないのですが、遠い昔にしまっておいた大切な大切な箱を見つけて開けた瞬間のような感覚で、「ああそういうことだった。そうだったんだ~」という思いと、ただただ何もかもが愛おしいような何ともいえない思いと「ありがとうございます」が連発で涙がとまらなかったのでした(笑)

    yukikoさんのメッセージにあった方のように、これまでの私にも同じような「苦しい気持ち」が胸の中にありました。 人を激しく批判している人や責めている人を見たり、一緒にいなければならない時に、「何故そのような思いになってしまうのだろう、、許して差し上げることはできないのかな、、」というような逆にその方のことを責めるような思いが自分の中にあることに気づいて、そんな自分が変わっていかなきゃ、どうすればいいのかな、、などということ(マインドがクルクル)を繰り返しておりました。
    今回の動画は、そんな私の胸の扉を優しく開け、光をあててくださったように感じました。本当にありがとうございます。

    「今ここ」は、時間とも空間ともまったく関係がなく、「私たちの本質そのもの」というyukikoさんの言葉にハッとして、
    「自分を許すということは、その自我は自分でないと知ること」「今にいるあなたという人ではなく「意識としてのあなた」をプレゼントするということ。そこから沢山の癒やしが起こってくる。」というエックハルトさんの言葉が私を包んでくれました。

    yukikoさんからのプレゼントはいつもいつも私を癒してくれます。
    心からの感謝を。。。ありがとうございました。(長文でごめんなさ~い)

  2. ありがとうございます
    子育てに関して、「罪悪感を持たず、自分を許そう」と努力してきました
    でも、そうじゃないんですね、
    マインドのぐるぐる回りはもうよします♪

    涙を流しながら何回も見ました
    心の中の何かがもうすぐ飛び出しそうです
    うまく言えませんが「救われた」と言うのも違うのですね

    言葉に出来ませんが、「ありがとう」を何度も言いました
    本当にありがとうございます

  3. Greenさん、こんにちは!

    素直で正直なお気持ちを言葉にして表現してくださり、本当にありがとうございます。
    私もつねに「意識としてのわたし」を見失わないように、大いなる愛を全身全霊で感じることが出来るまでチューニングし続けています。

    こうしてお気持ちを聞かせていただいたことが、私にとってはプレゼントです。
    ありがとうございます。

  4. shinoさん、こんにちは!

    お気持ちを聞かせて頂きありがとうございます。
    心のなかの何か!軽やかで明るい愛のエンジェルが飛び出すのかな?

    愛と感謝を込めて

  5. You are one of my spiritual teacher for sure. Thank you for choosing to be my child.

  6. 56秒付近で、エックハルトさんが自分の幼少のころに一瞬言及したとき、
    過去のエゴ、ペインボディに連結されたようで、すかさず深呼吸してる姿が
    とても印象的でした、すばらしい実践者ですねえ。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

You May Also Like
Read More

人類にとって最も重要なことは「プレゼンス」を見出すこと エックハルト・トール

「悟り・覚醒」から「プレゼンス」へ 今回はエックハルト・トールの最新メッセージから「人類にとって最も重要なことはプレゼンスを見出すこと」という動画を取り上げてみました。「プレゼンス」という言葉は、まだ今の日本ではなじみの…
Read More
Read More

人生には『今』しかない!エックハルト・トール

「次の瞬間」を追いかけて生きていないか? 今回のエックハルト・トール&オプラ・ウィンフリーの動画は、すでにエックハルトファンでなくとも、多くの人の心に響く気づきの動画になるのではないかと思っています。いつでも常に新鮮で「…
Read More
Read More

「自分の喜びとなり、幸せとやりがいを感じられる仕事を見つけたいのです」 エックハルト・トール

真のサレンダー人生へ! エックハルトの間、そしてちょっと皮肉の混じった表情、笑顔とジェスチャー・・・これは本を読むだけでは味わうことのできない動画ならではの醍醐味です。 私たちのこれからの生き方は、今月のオープンクラスの…
Read More
Read More

今この瞬間に戻る方法 エックハルト・トール

「今ここ」=プレゼント、贈り物 「今ここ」に関する名言は、古今東西数限りなく存在しています。この「古今東西」という言葉の中にさえ、「古今」=今、昔という時間があり、また「東西」=どこにでもという空間が織り込まれています。…
Read More
Read More

100%今に生きる アラン・ワッツ

キミは「いつか」の山を登り続けていないか? 私たちは無意識に社会の既成観念を取り入れ、それを自分の価値観と思い込み、それを原動力に生き続けてきました。社会がいう”優等生””成功者”になれなければ”落ちこぼれ””負け犬”と…
Read More