パラマハンサ・ヨガナンダ~映画「覚醒」の公開

AWAKE: The Life of Yogananda

『覚醒:パラマハンサ・ヨガナンダの生涯』(仮邦題)がこの秋全米で一般上映公開されます。〈ヨガナンダの生涯と教え〉がスピリチュアル・ドキュメンタリー映画として発信されるということで、世界中のヨガナンダ・ファンはもちろんのこと、初めてヨガナンダの存在・教えを知っていく人にとっても、待ち遠しい公開となることでしょう。

2014年、より自分自身のコア、源に返っていくエネルギーが強くなっている中で、ヨガナンダのこの映画の副題も「隠されていた自分の正体を現せ!」というもの。まさに「地球の夢」二元性の織りなすマーヤ(幻想の世界)から目覚めていくことは、宇宙の自然な流れになっています。私たちは確実に、多次元レベルの精妙なエネルギーに強力にサポートされ続けている、そう感ぜずにはいられません。感謝

5 comments
  1. この映画が日本でも公開されると良いですね。ヨガナンダの実弟のヴィシュヌ・チャラン・ゴーシュ先生が設立されたカルカッタのゴーシュス・カレッジ・オヴ・フィジカル・エデュケーションやセランポアのスリ・ユクテスワルジの僧院やヴァラナシのラヒリ・マハサヤのお寺やラヒリ・マハサヤの家等が紹介されれば素晴らしい事です。ラヒリ・マハサヤの家にはラヒリ・マハサヤの奥様の遺骨とラヒリ・マハサヤの息子のティン・カリ・ラヒリの遺骨が安置されていますし、ラヒリ・マハサヤのお寺の祭壇にはラヒリ・マハサヤの坐像、その息子のティン・カリ・ラヒリの坐像、そして1987年に亡くなられたティン・カリ・ラヒリの息子のサットヤ・チャラン・ラヒリの坐像が安置されています。また、ここにはババジの小部屋が作られていてババジの坐像もありますよ。

  2. Ananda Bhavanさま、はじめまして、こんにちは!

    私はLAに住んでいた頃から、よくパシフィック・パリセーズにあるレイク・シュラインを訪れ、とくに瞑想室の空気が好きで静けさに浸っていました。

    日本上映〜実現するといいですね☆

  3. この映画がもし日本で公開される事が無くてもアメリカでこの映画のDVDが発売されるようでしたら是非教えて下さい。ところでうちにはパラマハンサ・ヨガナンダの歌うキルタン(聖歌)が有ります。写真で見る感じのヨガナンダよりも遥かに迫力の有る声です。

  4. YUKIKO様

    ご無沙汰申し上げております。ご紹介をいただいていましたパラマハンサ・ヨガナンダの映画の予告編を見付けました。既にご存じかも知れませんが、URLを下記お知らせします。
    http://www.youtube.com/watch?v=TWECx4V9IOw

  5. 予告編観ました。ありがとうございます^^
    是非とも観たいです!!(>_<)
    とってもワクワクしますね!
    「あるヨギの自叙伝」大好きです。
    凄く読みやすくて面白くてその上パワーのある凄い本でした。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

You May Also Like
Read More

人類を絶滅危機から救う「メタヒューマン」になる

人生の最終章は「人類の意識の目覚め」のために ディーパック・チョプラ博士73歳。今「人生の最終章」に入ったチョプラ博士から、人類救済への熱いエールとも言えるインタビュー記事を見つけ、早速訳してみました。(タイムマガジン …
Read More
Read More

神秘的なシンクロに導かれる生き方へ ジェームス・レッドフィールド

今「聖なる予言」の全貌が紐解かれる ジェームス・レッドフィールドの「聖なる予言」が出版されて20年以上の月日が経とうとしています。「聖なる予言」は、シンクロニシティ(偶然の一致)という概念と気づきを一般の人々に深く浸透さ…
Read More
Read More

スピリチュアルな力を取り戻す「姿勢と呼吸」

知恵を聞く、理解する準備を整える「姿勢と呼吸」 「精神世界の本を読み続け、セミナーやワークショップにもいろいろ参加して来ています。本に書かれていること、セミナーなどで言われていることはなんとなくわかるのですが、ほんとうに…
Read More
Read More

月経痛についてお尋ねします ジョン・デ・ライター

月経痛は何を現しているのですか? 女性には月に一度の月経があります。月経で気分が暗くなったり、痛みがキツくて辛いという人はたくさんいます。時には学校や会社を休まなくてはならない程強い痛みを感じている人もいます。月経痛は程…
Read More
Read More

「スピリチュアルな学び」対症療法から根本治療へのシフト

迫りくる自己変容のプロセス 私たちは今、2019年の春分を過ぎ、日本では平成が後1ヶ月ほどで幕を閉じ新しい時代に入っていく時代の流れの中に置かれています。その時間軸を背景にして、容赦なく押し寄せてくる自己変容のプロセスを…
Read More