ロード中...
現在地:  ホーム  >  スピリチュアル・レッスン  >  スピリチュアル・メッセージ  >  閲覧中の記事
地球人のためのスピリチュアル・レッスン オープンクラス開催 2018年2月18日(日)

バシャール~『自分を愛するにはどうしたらよいですか?』

2015年3月4日  /  コメント無し


「自分を愛するにはどうしたらよいですか?」

久々のバシャール動画です。「自分を愛するにはどうしたらよいのですか?」という質問に対してバシャールが答えています。以下、メッセージの要約です。すべては単なる選択!今この瞬間にその選択はある。

① 私たちは、自分がなれないものをイメージすることが出来ない。
② どんな自分になることも、全て単なる選択である。選択には理由、条件は要らない。
③ 私たちは誰もがニュートラルな存在。信じ込んだように人生を体験しているだけ。
④ イメージをかたどって、そのエネルギーを感じたら、今この瞬間にそのエネルギーは創造されている。

私たちは、自分がなれないものをイメージすることが出来ない

Bashar:  さて、ここでみなさんに宇宙の秘密をお教えしましょう。お話してよろしいですか?

Questioner:  はい、お願い致します。

B: わかりました。今から言うことは、みなさん全員にあてはまるものです。
「あなたは、自分がなることの出来ないものをイメージすることはできません」
「あなたが持ち合わせていないものをあなたはイメージすることができないのです」
言っている意味が分かりますか?

Q: はい。

B: あなたがあることをイメージできているということは、それをイメージできていること自体、あなたがすでにその人だということを証明しているのです。ただあなたはそのように行動することを選択していないというだけのことです。あなたは「それは本当の私ではない」と思い込んでいるだけのことで、実はそれはあなたなのです。そうでなければ、あなたはそんな自分をイメージすることは出来ないはずなのです。あなたでないものをあなたはイメージできないのです。

「本当に心のそこから正直にあなたはそのような人になりたいのか」「あるいは、本当に心のそこから正直に、悲しんで落ち込んでいる人になりたいのか」そこが大切です。あなたはどちらの人になりたいのですか?あなたはどちらの人になることも出来ます。どちらをお望みですか?

Q: 笑っている私です。

どんな自分になることも、全て単なる選択である。選択には理由、条件は要らない

B: わかりました。あなたは、どちらの自分になることもできるのです。このことをよく理解してください。あなたはどちらの自分になることも出来ますパワフルで愛の人であることもできるし、落ち込み悲しみ、無力の人であることも、どちらの人になることも選択できるのです。どちらかがより優勢であるということはありません。どちらかがよりあり得るということもありません。どちらかがより強力であるということもないのです。これらは単に2つの違ったヴァージョンのあなたであって、どちらのあなたになることも選ぶことが出来るのです。

落ち込んだあなたであり続けなくてはならないことは全くありません。また、あなたを無理やりその状態に縛り続けることもできないのです。すべては選択だからです。あなたがずっとその状態であり続けるためには、あなたが何らかの理由でその状態を選択し続けるしかないのです。あなたが、前向きで愛ある人であり続けるためには、あなたがそれを選択するしかないのです。

私たちは誰もがニュートラルな存在。信じ込んだように人生を体験しているだけ

あなたがたは、誰もがみなニュートラルな存在なのです。あなたの思考、感情、行動はすべて、あなたが自分にとってそれが真実だと信じて選択して出来上がったものです。もしあなたが「自分を愛することはできない」教えられ、信じてきたとしたら、あなたはそれを証明するために「自分を愛することは出来ない」という体験をしていくのです。

だからといって「自分を愛すること」より「自分を愛せないこと」の方が本当でそれが正しいという意味ではないのです。ただそれは、あなたが教え込まれ信じ込んできたことだから、あなたはそれを選択しなくてはならなかったというだけのことです。ですから、自分のことを愛せず、悲観的な人であることも単なる選択であって、しかし、その選択があなたにとってもう違うとなれば、その考えには力がなくなり、ただ自分を愛する人になるという選択に変えていけばよいのです。

古い自分をやめるために何か特別なことをする必要もなく、新しい自分になることを選択すればよいだけのことなのです。どちらも同じくらい簡単にできるのです。選択というのは、ただ単に「それを望むからそれを選択する」ということなのだとわかれば、「自分を愛すること」も今までのように「落ち込んだ自分であること」もどちらも現実なのです。

あなた方の惑星の多くの皆さんは、全員ではありませんが、こんな信念を教え込まれています。「なにか本当に正当な理由がなくては幸せになることはできない。自分を愛することはできない」同時にまた「大した理由がなくても自分を批判したり、落ち込んだり出来る」とも教え込まれているのです。みなさんは、こっちの方はいとも簡単にできています。だからといって「落ち込んだ自分」の方が「幸せな自分」より現実味があるわけではないのです。幸せになるためにはまともな理由がないとならないのだから、落ち込む方がよっぽど楽だと教えられそれを信じ込んできただけのことです。

でも、幸せになるために理由は必要ないのです。自分を無条件に愛すると決めるために必要な理由としては、「ただ本当にそうしたいから」だけで十分なのです。まともな理由が欲しければそれを理由にしてください。今言った事はピンときましたでしょうか?お役に立ちましたでしょうか?

Q: はい。

イメージをかたどって、そのエネルギーを感じたら、今この瞬間にそのエネルギーは創造されている

B: もっと簡単に自分のことを愛せるような気がしてきましたか?自分を愛するために特別な許可はいらないのだ、ということがわかってきましたか?

Q: たぶん・・・大丈夫です。

B: お役に立てましたでしょうか?今どんな気持ちですか?

Q: この感覚を楽しんでいこうと決めました。

B: これをわすれないでください。イメージをかたどってそのエネルギーを感じたら、あなたは今この瞬間にそのエネルギーを創造しているのです。そのエネルギーを保とうとする必要もないのです。分かりましたか?お役に立てましたか?

Q: はい、ありがとうございました。


この後に読まれている記事

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です