内面の世界・意識を変容させる~アジャシャンティ

 

意識の変容の大切さを語るアジャシャンティの言葉をご紹介します。

アジャシャンティは、もともとスピリチュアルな素質の強い幼少期だったといいますが、禅の教えを通して数回覚醒体験し、いまではサットサンガ、リトリートなどでスピリチュアル・ティーチャーとして活動しているアメリカ人です。今まであまりご紹介しませんでしたが、今後は彼の活動、教えを動画を通してお伝えしていこうと思います。
エックハルトの教えにも、アジャシャンティの教えにも「数千年間悩み続けた人類」という言葉が出てきましたが、

・思考・マインドを基準にした生き方
⇒本質を取り戻し、生命と繋がった生き方

・外的要素、外の世界を変えて満たされようとする生き方
⇒自分の意識・内面のあり方を変えることに重点を置く生き方

これらが、これからの生き方のキーポイントとなっていきます。
気づきを実践・行動に繋げ、大きくトランスフォーメーションする年にしていきましょう。

私たちは皆、大変な時代を生きています。
長い間ずっとそうでした。

もし私たちが集合体としての私たちの真の本質ー
つまり私たちは別々の存在ではないということがわからなければ
大変な人生になるのです。

私たちは繋がってさえいないのです。
繋がっている以上の存在、つまり、私たちは同じものなのです。
あり方・表現としては、それぞれ独特で違っていて個性的に素晴らしい表現をしてはいますが
全ての本質は一つなのです。
全てはみんな同じ本質なのです。

私たちがそこをシッカリ理解しなかったら希望はありません。
どんな政府の体制であっても、環境運動にしても
私たちを救ってくれはしません。

外からの要素では何も変わりません。
私たちは何千年も、外の体制を何とかしようと頑張ってきたのです。
政治のあり方をあれやこれや変えてきたのです。
もちろん比較的すれば、より良い体制もあるでしょう。

クリスチャン修道士トーマス・マートンの名言に
”どんな政治体制もそれを作った人の良し悪しが基準だ”
というものがあります。
どんな体制も決して人々を変容させはしないのです。
人を変えはしないのです。

ですから、変わらなくてはならないのは私たちの意識、ものの見方なのです。

by Adyashanti

You May Also Like
Read More

21世紀「ニューアース」を生きる新処世術

21世紀の今を解読する「ニューアース」(エックハルト・トール) 激動の2020年代が幕を開けた途端、世界中のカオス、集団意識の機能不全が強烈に姿を現してきました。一人ひとりの意識が今変わらなければ、世界の状況は更に私たち…
Read More
Read More

エックハルト・トール~「思考と感情に捕われていないか?」

  今日は久しぶりに動画をアップします。今まで、動画は直感的に選んでいたのですが、最近の体験として、そこに「創造の大いなる意図」が強く感じられるようになってきているので、それも、今までより精妙な調整が入っている…
Read More
Read More

「ニュー・アース」気づきの解釈 イエスの言葉

「ニュー・アース」から意識の目覚めへ 2005年の初版以来、エックハルト・トール(敬称略)の著書「『ニュー・アース』~意識が変わる、世界が変わる~」は、世界中の多くの人々の意識の変容に影響を与えてきました。前書「The …
Read More
Read More

「苦しみの終わり」エックハルト・トール、サダグル、ムージ

 今「苦悩の海」から跳躍する時! 2017年夏も、種々雑多な「稀な現象」と共に猛スピードで終わろうとしています。私たちを取り巻くこのエネルギーの変化と加速は、今まで長い間多くの人が捕らわれてきた「思考重視」の世界をも強制…
Read More
Read More

人生の真の意味とは?「自由への扉」(DVD)エックハルト・トール他

人生の真の意味とは? 一人の青年が自らの人生に疑問をいだき、人生の真の意味を求めてスピリチュアルマスターたちのもとを訪れます。彼は、その道標となる知恵の言葉に触れ、形の世界を超えた広大な静寂の世界への扉を開け始めます。 …
Read More
Read More

カルマと恐れを手放す ドロレス・キャノン

ドロレス・キャノンの動画『カルマと恐れを手放す』に字幕を付けてみました。 カルマというのは、時代を経てさまざまな思い入れや思い込みが織り込まれてきた言葉なので、一言でにカルマとは何かを定義するのは容易なことではないと思い…
Read More