気づきそのものであること エックハルト・トール

私たちは、自分たちの進化、成長を
外的な何か、具体的な結果、達成したこと、表現したことを基準に判断しがちです。

でも、それは二の次です。

人生において、どれだけ”気づきの意識”が内面から現れ出ているか
”気づき”そのもので在れているか
私たちの真の進化、成長を見るところは、その部分なのです。

by エックハルト・トール

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

You May Also Like
Read More

水のように生きろ ブルース・リー老子

何時の世も「水のように生きよ!」 昔から、人の生き方・在り方、人生論・処世術は、よく水に例えられてきました。 中でも私が好きでよく思い出すのが、鴨長明の「方丈記」の冒頭「ゆく河の流れは絶えずしてしかも元の水にあらず。よど…
Read More
Read More

人があなたの言ったことをどう聞こうと、それはあなたの責任ではない ドン・ミゲル・ルイス

あなたは、あなたが送ったメッセージの片一方 メッセージを受け取った人がもう一方 あなたはあなた側の半分、つまりあなたは自分の言ったことには責任を持たなくてはならない。 でも、それを聞いた人がどう取ろうとそれはあなたの責任…
Read More