パパジ~「何かしようとしないでください」

「何かしなければならない」というイリュージョン

「何かしなければならない」という衝動がやってきた時、その動機は何でしょう?
その「しなければならないこと」を達成したら、どうなると期待しているのでしょうか?

日本人のよく使う言葉に「頑張る」という言葉があります。
声掛けにもとにかく「頑張って!」「頑張れ!」とよく耳にします。
応援にも取れるし、プレッシャーにも取れる曖昧な言葉です。

今回のパパジの動画の中で、興味深かったのは「頑張らないで」という教えでした。
「何かをすることによって、結果、そうしようとしたことは得られないのです」というところです。
「さとりを達成しよう」⇒結果、さとりは得られない

この「努力」「頑張ること」をギブアップして、ただ静かにしてください。
一瞬でもいい「頑張らないで、静かにする」時を感じてみてください。
心が軽くなって、ただただ笑いがこみ上げてくるかもしれません。

 

それは見つけることはできないのです。
探すものなど何もないからです。
達成するものなど何もないのです。
探求することをやめ、達成しよう、手に入れようという概念を捨てたら、
それはすでにそこにあるということがわかるでしょう。
あなたが気づかなかっただけでそこにあったのです。

みんな何かしたがるのです。
しかし、何かをすることによって、結果、そうしようとしたことは得られないのです。
なにもしないでください。静かにしててください。

わかりました。
ーわかりましたね。

これ全部馬鹿げたことだったんですね。

by Papaji

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

You May Also Like
Read More

21世紀「ニューアース」を生きる新処世術

21世紀の今を解読する「ニューアース」(エックハルト・トール) 激動の2020年代が幕を開けた途端、世界中のカオス、集団意識の機能不全が強烈に姿を現してきました。一人ひとりの意識が今変わらなければ、世界の状況は更に私たち…
Read More
Read More

エックハルト・トール~「思考と感情に捕われていないか?」

  今日は久しぶりに動画をアップします。今まで、動画は直感的に選んでいたのですが、最近の体験として、そこに「創造の大いなる意図」が強く感じられるようになってきているので、それも、今までより精妙な調整が入っている…
Read More
Read More

「ニュー・アース」気づきの解釈 イエスの言葉

「ニュー・アース」から意識の目覚めへ 2005年の初版以来、エックハルト・トール(敬称略)の著書「『ニュー・アース』~意識が変わる、世界が変わる~」は、世界中の多くの人々の意識の変容に影響を与えてきました。前書「The …
Read More
Read More

「苦しみの終わり」エックハルト・トール、サダグル、ムージ

 今「苦悩の海」から跳躍する時! 2017年夏も、種々雑多な「稀な現象」と共に猛スピードで終わろうとしています。私たちを取り巻くこのエネルギーの変化と加速は、今まで長い間多くの人が捕らわれてきた「思考重視」の世界をも強制…
Read More
Read More

人生の真の意味とは?「自由への扉」(DVD)エックハルト・トール他

人生の真の意味とは? 一人の青年が自らの人生に疑問をいだき、人生の真の意味を求めてスピリチュアルマスターたちのもとを訪れます。彼は、その道標となる知恵の言葉に触れ、形の世界を超えた広大な静寂の世界への扉を開け始めます。 …
Read More
Read More

カルマと恐れを手放す ドロレス・キャノン

ドロレス・キャノンの動画『カルマと恐れを手放す』に字幕を付けてみました。 カルマというのは、時代を経てさまざまな思い入れや思い込みが織り込まれてきた言葉なので、一言でにカルマとは何かを定義するのは容易なことではないと思い…
Read More