2014年7月東京オープンクラス開催


あなた自身が、自分がこうあって欲しいと望む世界そのものとならなければならない。

-マハトマ・ガンジー
You must be the change you wish to see in the world.
-Mahatma Gandhi

【クラス開催日時】
2014年7月19日(土)14:00~16:30
テーマ:『この変化の時、私たちに出来ることは何か?』
場所:かつしかシンフォニーヒルズ 別館

混沌とした時代に魂のレッスンは加速する

平和な国と言われ、そう思い込んでいた日本にも、2014年夏至以来、かなり緊迫したエネルギーが一気に増幅してきたようです。外の世界の変化が毎日めまぐるしく、今「何かを変えなくては」と衝動的に思い始めている人も多くなっているのではないかと思います。これからしばらくの間、多くの人が見る「外の世界」は、先の見えづらい混沌とした状態がエスカレートしていくことでしょう。先を見通すことの出来る人達からは、今の状態は序の口で、近未来には想像もできない事態が待ち受けているなど様々な予言が飛び交っていますが、今こそ今まで学び続けてきたスピリチュアル・レッスンを真摯に実践するとき!そう心から感じています。

自分の世界にある偽りの思い込みを手放す

今、世の中で様々なことが起こり続けていますが、あなたがそこに見ているものは何なのでしょうか?今ではテレビのニュース以上に、フェイスブックやツイッターなどを通しての情報もかなり過激に飛び交っていますが、その中であなたの目に止まり、あなたを刺激し、あなたが取り入れているものは何なのでしょうか?その辺りをよくよく注意して、その情報世界の体験さえも自分自身への気づきとして捉え、出来事・現象を概念化していく大波に飲み込まれないようにしながら、すべての出来事を自分の世界にある偽りの観念、想念への執着を手放すチャンスとしたいと思います。

特に外の世界の出来事に翻弄され右往左往してしまう傾向にある人は、必然的に「内面を見る」どころではなくなってしまい、それどころかどんどん自分自身とかけ離れてしまうので要注意。「(外の)何かを変えなければ!」とか、「今後どうなってしまうんだろう」と世を憂えて反応し始めたら、その時点で自分のパワーを他に明け渡してしまっていることだと気が付かなくてはならないのです。

意識的な「今」を生きる

そんな中ここ最近、スピリチュアル・ティーチャー、マスターたちから贈られてくるメッセージは、「今こそ落ち着いて、今を生きなさい」「今こそ、本当の自分を取り戻し勇敢に生きるとき」というものばかりです。そこで、この変化の時に私たちに何が出来るのか?いま、私たち一人一人がしなければならないことは何なのか?を今月のオープンクラスのテーマとしてみました。

こんな時こそ、セルフ・センタリングです。落ち着いて「今にある」ことです。今ここに、深い呼吸とともに生きていることをしっかり感じることです。何かをする時、例えば食事をするときにも、今まで以上に意識的に食べ物をいただくことです。大地の恵み、栽培してくれた人、料理してくれた人に感謝して生命をいただくことです。太陽の光と熱、風を感じながら洗濯物を干すことです。友と話をするときも、意識的に会話をし、言葉を大切に選ぶことです。ひとりの時間をゆったりと持つことがとても大切なのです。

恐れをリリースし続ける

また、今回のクラスでは、この時期、この時代に生きる私たちがもっと明確に見据えていかなくてはならない「恐れ」についても取り上げていきたいと思います。「恐れ」は潜んでいます。でも、できるだけはっきりさせることで解放に向かいます。集合意識の大きな恐れを、今回集まることになっている仲間たちと一緒にリリースし、より自分の望む世界そのものを生きていきたいと思います。今月もどうぞよろしくお願いいたします。

いつもありがとうございます。
with VastStillness

******************************************************************

【7月オープンクラス開催日時】
2014年7月19日(土)14:00~16:30
テーマ:『この変化の時、私たちに出来ることは何か?』
場所:かつしかシンフォニーヒルズ 別館

*******************************************************************

Live a Reply